カーフィルムを貼る事によるメリット
冷暖房効果:
カーフィルムの断熱効果により、夏は太陽光線を和らげ冷房効果を高めます。一方冬は、反射効果によりヒーターが良く効きます。


紫外線カット:
全てのフィルムが、太陽光線中の紫外線を99%以上カットするので、女性のお肌にも優しく、自動車内装の色褪せ等も防ぎます。

ガラスの飛散防止:
カーフィルム自体の粘着力により、万が一の事故のときにガラスが飛び散らず形状を保つので、怪我をしづらくなり安心です。防犯にもいいかも!


まぶしさ減少:
カーフィルムを施工することにより、太陽光のまぶしさを和らげ、目の疲れを防ぎます。


プライバシーの保護
光の反射率が高いため、外から車内が見えにくくなりプライバシーを守ります。

カーフィルムサンプル

カーフィルムサンプル1 可視光線透過率
7
一番濃い色です。サボテン君がぜんぜん見えません。
品番:サンマイルド GY-5IR
「JIS適合品」
スモークA
カーフィルムサンプル2 可視光線透過率
15
一番注文が多い色です。よくあるプライバシーガラスよりもちょっと濃いぐらいです。
品番:サンマイルド GY-15IR
「JIS適合品」
スモークB
カーフィルムサンプル3 可視光線透過率
30
この位だと、夜でも良く見えますよ。
品番:サンマイルド GY-30IR
「JIS適合品」
スモークC
カーフィルムサンプル4 可視光線透過率
15
茶色は、一番良く出る濃さだけです。どうしても違う濃さが良い方は、ご相談ください。
品番:サンマイルド BR-15IR
「JIS適合品」
ブラウン
カーフィルム施工に関するご説明と、施工後の注意事項
★ カーフィルムを貼り付けた窓ガラスは、視認性能が落ちますので、暗がりでの後退には十分お気を付けください。
昼間なら、中からはこんなに良く見えます。でも暗がりには気をつけて。 15%を貼った例です。

★ 窓ガラスの清掃は、柔らかい布またはゴムスキージーで水洗いしてください。特に汚れのひどい場合は中性洗剤を使用してください。研磨タイプの洗浄剤、乾いた布、ブラシ等はフィルム表面を傷つけますので避けてください。

★ カーフィルムは道路運送車両の保安基準によって下記の箇所に貼る場合は、その窓ガラスの可視光線透過率は70%以上が必要です。
 @前面ガラス A運転者席の側面ガラス B助手席側面ガラス 
また、その他、後面ガラス、・バス等の側面、前扉のガラス等の運転に必要な視野を妨げる恐れのある箇所に貼ることについても制限されています。
フロントガラス上部については、開口部の20%以内とされています。

★ カーフィルム施行直後、風景が歪んで見えたり、フィルム面が一時白濁することがありますが、これは、カーフィルム施工時使用した水分が、微量ガラス面に残り水蒸気化したものですので、経時により水分は抜け改善されます。

★ フィルムが完全に密着するまでは、窓の開閉は極力避けて下さい。(車種によって、窓ガラスとピラー・内装の間の圧力が強いものがあります。カーフィルム施工で使用した水分が、完全に乾いていない状態で窓の開閉を行うと、簡単に剥がれてしまいます。くれぐれもお気をつけ下さい。)

★ 熱割れについて ・・・ 窓ガラスに蒸着フィルムや着色フィルムを貼ると、ガラスの温度が上昇し割れることがあります。熱割れの生じる条件は
 @ガラスの種類 Aガラス窓の方位 B影の形状 Cガラス窓の近くにある反射物の影響 (例えばカーテン・ブラインド等) Dガラスの大きさ・形状 Eガラスの取り付け状況(パテ等)
により決まります。上記条件を完全に把握することは難しいため、透明板ガラス以外に日照調整タイプの製品を貼られる場合は、十分ご注意ください。

★ フィルムが乾くと、水の中に隠れていた空気分が、小さな泡となって浮き出てくることがあります。これは、完全に乾いた後に、軽く押していただければ簡単に消えます。

★ カーフィルム張り付け直後は異常が出る場合がありますので、熱線の電源を入れないでください。(水分の異常蒸発・前記による異常高温等。)

★ 当社で使用しているフィルムは全てハードコートタイプです。これは、カーフィルム表面に透明なコーティングをし、フィルム施工時やガラス清掃時のスキ傷を防止するためのものです。これによって、長い期間クリアーな視界を保ち続けることができます。尚、右のマークはハードコートとは関係ありません。あしからず・・・
安心と信頼?

★ カーフィルムの着色方法とその特徴
 @染色タイプ:染料を溶解したタンクに25μの透明なフィルムを通し、熱と圧力をかけて両面から浸透させ着色する。このタイプは、微粒子なので透明感があり、色も均一になる。 
 Aペーストタイプ:糊の中に色素を混ぜて、糊付けと色づけを一工程で行う。行程が省ける分コストが安い。このタイプは、透明度が悪く濃色に色ムラが生じやすい。
 Bコーティングタイプ:フィルムに直接色を印刷する。この方法だと着色も簡単でコストも安い。但し、色ムラが多く透明度が悪い。 

 メタリックタイプのカーフィルムについて
★ 反射(ミラー)タイプは、太陽光線を反射します。自動車の窓ガラス等凹面ガラス施工した場合、そのドアや窓を開けていると、車内側に太陽光線が反射し凹面鏡効果により、集光現象を起こし、車内のプラスチック部位等が部分的に高温となり、変形・火災・その他のトラブルを起こす危険性がありますので、駐停車の際は十分お気を付けください。(この集光現象により、実際に車両の火災が起きた例もあります。)

★ 電波を遮断する作用があり、携帯電話・ナビゲーションシステム・テレビ・ETCなどに影響を及ぼすことがありますので、あらかじめご了承下さい。