ネットショッピング
トップページ
豆情報
荒甲とは?
13絃荒甲
製品(琴)
新和田筝
Zero筝
生田琴
付属品
譜本入れ
琴爪・駒入れ
琴柱入れ
琴・三絃カバー
口前サック
会社概要
リンク

お問い合せ
当社へのご意見・ご質問はこちらまで。
お問い合せ



荒甲とは?

13絃の玉縁巻(7号以上)のもので、琴の表面の木目の現れかたを見やすくするために、表面だけを仮焼きにしているものです。
画像をご覧いただければわかるように、裏板も設置していませんし、
綾杉なども施していません。
この状態の甲の長さは 〜6尺4寸ほどにしています。
製品へと作業を進めていくなかで、上下のバランスをみながら長さを調整します。
何故に荒甲の状態で作業工程を止らせているのか?は、
お琴一つ一つ(一面一面)表情は違いますし、人それぞれにその好みは違います。
玉縁装飾の施し方もお求めになられる方によって様々なのです。
また、音に関してもこの状態のほうが私が説明しやすい・・・というのもあります。
ただ作れば良い、ではなく
お琴(荒甲)の性格を見解しながら作業を進めていかなければならないのです。

このページとは関係ありませんが、
「半製品」というものは、装飾を施す一歩手前の状態の琴本体の名称です。
裏板も付いており、焼きの工程も終え、灰を落として艶出しも完了。
そうなった時の状態の琴に「半製品」と呼称しています。

このホームページを御覧になるにはFLASH PLAYERが必要です。
最新のFLASH PLAYERはこちらで入手できます。[無料]
ダウンロード

.
Copyright(C) 2004〜 shinwakingaku All Rights Reserved.