ネットショッピング
トップページ
豆情報
荒甲とは?
13絃荒甲
製品(琴)
新和田筝
Zero筝
生田琴
付属品
譜本入れ
琴爪・駒入れ
琴柱入れ
琴・三絃カバー
口前サック
会社概要
リンク

お問い合せ
当社へのご意見・ご質問はこちらまで。
お問い合せ


福山における琴の流れ
元和5年(1619)水野勝成が福山に城を築き、備後10万石の城下町における
歴代藩主の奨励もあり、歌謡・音曲が盛んになりました。
そういった流れの中に葛原勾当(矢田重美)は神辺町八尋に生まれ、
3歳の時にホウソウにかかって失明し9歳で京に上がって筝曲・地歌を学び、
15歳で勾当の位階を頂き後に帰郷し備後・備中で盛んになったそうです。

そういった背景の中に琴師として牧本長蔵(1802〜1882)・
菅波甚七(1832〜1910)、長蔵の子の源兵衛(1844〜1884)・
その子 信次郎(1895〜1935)。
牧本信次郎の子の正雄(1895〜1960)へと琴の製作技術は受け継がれてきました。


和田善亀は、1936年に牧本正雄(牧本楽器)から独立し、和田の琴を製作。
(現在の新和琴楽有限会社に至っています)
習得した工程別生産方式をより高度なものに完成させると共に営業面にも力を注ぎ、
全国に福山の琴(福山琴)を広めていきました。

福山琴の製作者の系譜

名曲「春の海」は 瀬戸内海の
風向明媚な光景を題材にして
作られたと言われています。
 三代目  このサイトを運営管理している私(三代目)です。
昔から継承されてきた技術に、私が技術を身につけていくにつれて
発想・工夫・疑問は沸いてきました。
技術を覚えたての頃は「昔からの伝統を崩すな!」と釘を刺されていまし
たが、自分の向上と共に理解を示してくれるようになりました。
ですが、基本は昔からの物造りを第一においています!
その基本に対して私の物造りを注入して、
楽器としての「琴」を生んで成長させています。

爪輪の新調など、当社にて私がお受けができます。
お近くの方や学生さんなど、お気軽にお越しください。

このホームページを御覧になるにはFLASH PLAYERが必要です。
最新のFLASH PLAYERはこちらで入手できます。[無料]
ゲット・フラッシュ

.
Copyright(C) 2004〜 shinwakingaku All Rights Reserved.