我が国固有領土竹島に南朝鮮の李明博が不法上陸!

8月10日午後、韓国の李明博大統領は竹島を訪問。2年前ロシアのメドヴェージェフが北方領土に
訪問したのを公然と模倣したとし、竹島の実効支配を強調した。
次期候補与党セヌリ党の有力候補の朴槿恵元代表側は韓国紙や朝鮮日報対し、大統領に当選すれば竹島訪問を検討する可能性があると回答。
この竹島訪問に対して日本は抗議と駐韓大使の帰還に止まり李明博の逮捕やドクト守備隊の排除
制裁などは行われる予定はない
一独立国家・主権国家の毅然とした対応とは…他国になめられますよ
現に竹島の不法占拠を許している現状で韓国は対馬まで韓国領だと言いだしている

南朝鮮韓国との国交を断絶し領事館を日本から叩き出せ
日韓併合と米国によって発展できた国が調子に乗り過ぎではないだろうか
そうさせた責任は日本にもある

8月16日追記

任期中に人気をとろうとするのは勝手だが
畏れ多くも天皇陛下に対する暴言は常軌を逸している
調子に乗るな南朝鮮ごときが!
李明博なる大統領の資格のない者が統治するレベルの低い国と
国交を持つ必要があるのか?

竹島の簡単な経緯
昭和20年・ポツダム宣言受諾
昭和26年・韓国が竹島を韓国領にして平和条約(サンフランシスコ条約)に
明記してくれと申し出たが竹島は日本固有の領土であるとして米国は拒否。
昭和27年・李承晩大統領が竹島主権を発表。
昭和28年・日本政府と島根県が竹島に領土標識を立てる。竹島に上陸してい
た韓国の独島守備隊が海上保安庁巡視船に発砲。
昭和29年・韓国が竹島に領土標識を設置。日本は国際司法裁での調停を申し
出るが韓国はこれを拒否。韓国は設置した灯台の運用を始める。独島の切手を
発行。日本は再び国際司法裁への付託を韓国に提議。韓国は直ちに拒否。
昭和30年・李承晩が李ラインを越えた漁船は撃沈も辞さないと警告。
平成7年・船舶接岸設備建設を開始。
平成9年・大韓民国東端記念碑を設置。
平成14年・韓国が竹島(独島)を国立公園指定方針を示す。
平成16年・独島の自然切手を発行。日本政府抗議。
平成17年・島根県議会が竹島の日条例を可決。
対抗して慶尚北道議会が独島の日条例を制定。
平成20年・米国務省地名委員会が韓国領から主権未確定に変更。
平成23年・韓国国会議員が竹島に上陸。守備隊を激励した。
平成24年・韓国大統領李明博が竹島上陸。