top pagescheduleprofilesoundblogbloglinkmail

■Shima&ShikouDUO
島裕介(trumpet,flugelhorn), 伊藤志宏(piano)のDUO。
2005年3月から東京都内でのライブを中心に活動を開始。
シンプルな編成ながら、その圧倒的なライヴパフォーマンスは全国各地で評判となる。
2006年8月、1stアルバム「雨の246」をリリース。
2006年11月、須永辰緒氏監修の人気コンピレーションシリーズ「夜ジャズNo6」にも収録される。
2007年7月にはFujiRockFestival07' にAvalonステージのトリとして出演。最初数十名だった観客が、 最後アンコール時には1500人程になるというパフォーマンスを果たす。
2008年1月9日 2ndアルバム「Road To The Deep North」を発売。タワーレコードJ-JAZZチャート1位を獲得。海外ラジオ番組でもオンエアされる。
2009年4月22日 ビクターより 3rdアルバム「Poetry」をメジャーリリース。
全曲ホールレコーディングを行った4作目のアルバム「呼吸」2012年4月リリース。全国20ヶ所ツアー敢行。夏に放送されたNHK-FMの1時間特番は大きく話題となった。
  ■ 島 裕介 (Yusuke Shima) ■
トランペット(その他金管楽器), プロデュース, 作編曲
2002年からプロ活動を開始する。
これまでにリーダーアルバム4作、カバーアルバム5作をリリース。
リーダーユニット"Shima&ShikouDUO"の他、 2009年からプロデューサー名義"SilentJazzCase"としても活動をはじめる。
2010年2月にiTunes限定でリリースされたR&B・HIPHOPカバーアルバム『Jazzin'R&B』は、ジャズアルバムとしては異例のロングヒットを記録する(2010年間総合ランキング40位、ジャズ部門1位)。2011年版Jazzin'R&Bもリリースしてすぐにジャズチャート1位を獲得。i-tuneの人気カバーシリーズとなる。杉山未紗、boheminavoodoo、などのアーチスト作品も手がける。1stオリジナルアルバム『SilentJazzCase』を2010年6月に発売。レコーディング・エンジニアも自ら行い、国内外で高い評価を得る。
その他、多くのアーチスト・バンドの国内外ツアー・フェス・レコーディングを行う。キャリア11年目にして250タイトルを超えるアルバムに参加する。
CM「そうだ京都行こう」2011年秋バージョンでのトランペット演奏など、多くのCMレコーディングも行っている。
2011年から「JazzJapan」(元スイングジャーナル誌)でジャズトランペットの魅力を伝えるべく連載スタート。 トランペッターとしての可能性を日々模索中。
 
  伊藤 志宏 (Shikou Ito)
ピアノ
ピアニスト、ボタンアコーディオニスト、作曲家、アレンジャー、プロデューサー。
1977年8月28日生まれ。
五歳の頃より祖父の岸川基彦にクラッシックピアノを師事する。14歳のとき東京交響楽団とベートーベンピアノコンチェルト三番を共演好評を博す。
慶応義塾経済学部入学後セロニアスモンクのソロピアノのCDを聞いて「ジャズもいいかも」 と思い独学で始め音楽理論も同時に一人で学ぶ。23歳くらいからいつの間にかライブを始めるようになりプロ活動を開始。
特にドラム、ベースのいない変則形態における演奏には定評がある。今現在、ソロピアノ、ピアノトリオ、多様な編成での独自の活動を模索中。
また沢山の歌手から伴奏者、アレンジャーとして信頼を寄せられる。
ソロ活動としては、 2012年11月ボーカリスト多数フィーチャリングしたアルバム「LADIES & PIANOMAN」、2013年1月にはソロピアノアルバム「ヴィジオネール」を発売し、注目を集める。 更には、青木カレン、一青窈のライブサポートやUAのアルバム「SUN」に参加したり、多方面で活動している。