東京スピリチュアリズム・ラボラトリー

                   Tokyo Spiritualism Laboratory

2.基本編――霊信が語る死後の世界

ここでは、死後の霊が通信してきた、死後の霊魂の行方、あの世の様子、霊的存在と人間との関係などについて紹介します。ここで言う死後の霊からの通信とは、霊媒の無意識や作為などではないことがかなり明確になっており、また、複数のメッセージの比較検討を通じて、独善性がなく、かつ高度で広範な情報を含んでいると考えられるものです。
これらの内容は、実証を重んじるサイキカル・リサーチや超心理学の人々には、肯定されているわけではありません。しかし、「スピリチュアリスト」の間では、ほぼ合意ができている事柄です。


  (1)「霊信」をどう捉えるか

  (2)死後に何が起こるか
(付・魂の旅の旅程表)

  (3)スピリチュアリズム他界説の特色

  (4)自殺について

  (5)生まれ変わりとカルマ

  (6)類魂

  (7)守護霊

  (8)神

  (9)現実世界と霊界の交渉

  (10)霊媒について

  (11)霊現象の様々

  (12)霊的成長とは

  (13)祈りについて

  (14)人間以外の霊的存在

  (15)スピリチュアリズムの12の「救い」



     トップページへ戻る
導入編
基本編
各論編
スピリチュアリズム
・心霊研究

基本用語解説
スピリチュアリズム
・心霊研究 
人名解説
略年表

文献・書籍
紹介・リンク
梅原伸太郎文庫
高森研究室
ラウンジ
 スピリチュアリズム・ブログ