失語症とは
『パートナーの独り言』 
ブログ始めました!
失語症とはどんな障害なのでしょうか? ブログへ

言語
(ことば)を理解したり、言葉で表現したりするのは脳の言語中枢と
言う部分の働きです。
脳卒中や事故などで、この言語中枢が損傷されると、
これまで正常に行われていた言語
(ことば)の活動に障害が起こります。
 言葉を聞いて理解することや、話すこと、文章を読んだり、
書いたりすることに支障が起こるのです。この為にコミュニケーションに困難が生じます。
これが失語症です。しかし、こうした能力の低下があっても、
人格や知性が損なわれた訳では決してありません。
友の会に入りませんか? 2013年度 活動予定をUPしました!
毎月の活動予定を更新中です!
(7/28)
会話パートナー養成講座のご案内(8/1)

言語障害は本人にとっても、家族にとっても、大変つらいことです。
友の会は失語症の方とその家族、そしてその支援者の集まりです。
友の会は失語症の方やその家族が希望と生きる力を得る為に、役立とうとしています。

  ◎私たちはお互いに助け合います
  ◎私たちは交流会や旅行を通し親睦を深めます
  ◎市や県や福祉団体に友の会を通して働きかけ、 福祉の向上を進めます。

よっかいち失語症友の会
 〒 510−0085
   四日市市諏訪町2−2
   四日市市障害者福祉センター
   障害者団体事務室内
     TEL 059ー354−8295
     FAX 059ー354−8306
     連絡先  代表 
 恩村 和政

四身連(四日市市身体障害者団体連合会)
ホームページへ
全国失語症友の会連合会ホームページへ
よっかいち失語症友の会

1/4 Page