薬師如来像と十二神将

新薬師寺は、光明皇后が夫・聖武天皇の病気回復を願って天平19年(747)に創建されました。当初は100人の僧が住み、七堂伽藍と東西二基の塔が建ちならぶ大寺でしたが、平安時代の落雷や台風で主なお堂を失いました。唯一つ残った建物が今の本堂です。

鎌倉時代に明恵上人が復興され、今の新薬師寺の姿に整えられました。本堂には、我が国最古最大の十二神将がご本尊の薬師如来をお守りしています。かつては南都十大寺の一つに数えられた大寺院でしたが、今は天平文化の粋を残す静かな古刹として親しまれています。

十二神将・伐折羅(バサラ)像

※当サイトの全ての画像・写真の無断転載を禁ずる。