ohkura@w8.dion.ne.jp

Chick Corea / RETURN TO FOREVERN TO FOREVER

- link to JAZZ / ALLAN HOLDSWORTH / Al Di Meora / Pat Metheny / Miles Davis / Keith Jarrett / Herbie Hancock / Brecker Brothers(Michal & Randy)/ WEATHER REPOTRT(JACO PASTORIOUS / ZAWINUL) / Mike Stern / Marcus MIller

CHICK COREA,STANLEY CLARKE / THE SONG OF RETURN TO FOREVER g150508 (1CDR) (WR-737) SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS. Live at 49th Heineken Jazzaldia, Kutxabank Stage, Kursaal Auditorium, Donostia / San Sebastian, Spain, July 25, 2014

RETURN TO FOREVER / ALPHA-OMEGA c150213 CROSSOVER (1CDR) 068 Live At Omega Studio, Rockville, Maryland February 1974

CHICK COREA / KLAVIER FESTIVAL 2014 c140905 CROSSOVER (2CDR) 063A / B Live At Klavier-Festival Ruhr, Konzerthaus, Dortmund, Germany May 21st 2014

RETURN TO FOREVER / PHILHARMONIC HALL 1973 140804 2000GFRR 1124 ( 1CDR ) Live at Philharmonic Hall, New York, NY.July 6, 1973. early show

Chick Corea & The Vigil g14017 (2CDR) Philharmonie Essen 2013 Rainbow Seeker-029 Live at Klavier Festival Ruhr, Philharmonie Essen, Alfried Krupp Saal, Germany 14th July 2013 [Stereo Soundboard Recording]

HHCD-12128 // CHICK COREA TRIO feat CHRISTIAN McBRIDE & BRIAN BLADE / LONDON JAZZ FESTIVAL 2012 (2CDR) Recorded Live at London Jazz Festival, Barbican, London, UK, November 17, 2012 EX-AUD Recording // 2012 Original Remaster // 101 min

HHCD-12129 // CHICK COREA TRIO feat CHRISTIAN McBRIDE & BRIAN BLADE / LIVE AT FESTSPIELHAUS 2012 (2CDR) Recorded Live at Festspielhaus, St. Polten, Austria, November 20, 2012 EX-AUD Recording // 2012 Original Remaster // 97 min

Chick Corea Akoustic Band g140307 (1CDR) Tokyo 1989 Rainbow Seeker Records-031 Hitomi Memorial Hall, Showa Women's University, Tokyo, Japan 19th June 1989

RETURN TO FOREVER / LIVE INTO THE SEVENTH GALAXY c140320 CROSSOVER (1CDR) Live At Ebbets Field House, Denver, Colorado June 4th 1973

RETURN TO FOREVER / ROERMOND 1974 g130618 (1CDR) (WR-356) SOURCE: EXCELLENT SOUNDBOARD RECORDINGS. Live at Roermond, De Oranjerie, March 24, 1974

Chick Corea Quartet featuring Bob Berg, Eddie Gomez & Steve Gadd g130209 (1CDR) Another Night in Germany 1992 Jazz Fest An Der Donau, Vilshofen, Germany 11th July 1992

HHCD-12093 g121217 (1CDR) // CHICK COREA & GARY BURTON // LIVE IN FRANCE 2012 Recorded Live at Theatre Simone Singnoret, Conflans Saint Honorine, France, April 13, 2012 EX-SBD Recording // 2012 Original Remaster // 74 min Chick Corea piano / Gary Burton ? vibraphone 1. intro / 2. No Mystery / 3. Native Sense / 4. Can We Be Friends / 5. Strange Meadowlark / 6. What's This Thing Called Love / 7. Elenor Rigby / 8. Light Blue / 9. Mozart Goes Dancing / 10. La Fiesta

HHCD-12105 g121217 (2CDR) // CHICK COREA, STANLEY CLARKE & LENNY WHITE // LIVE IN RIO 2012
Recorded Live at Teatro Casagrande, Rio de Janeiro, RJ, Brasil, June 11, 2012 EX-AUD Recording // 2012 Original Remaster // 98 min // Chick Corea ? piano / Stanley Clarke - double bass Lenny White ? drums //
Disc 1 / 1. Sometime ago - La fiesta / 2. Light as a feather / 3. How deep is the ocean Disc 2 / 1. No mystery / 2. All blues / 3. Romantic warrior / 4. 500 miles high

CHICK COREA ELECTRIC BAND II / BLUE MILES MEGA DISC (2CDR)

RETURN TO FOREVER / OPEN THEATRE EAST c120112 CROSSOVER (2CDR) FM Broadcast Live At Yomiuri-Land Open Theatre East, Tokyo, Japan april 17th 1983

FIVE PEACE BAND // LIVE AT BLUE NOTE JAZZ CLUB 2011 HHCD-11085 (3CDR) // EX-AUD Recording // 2011 Digital Remaster Live at Blue Note Jazz Club, NYC, NY, November 05(Late Set) and 06(Eary Set), 2011 // Chick Corea - keyboards / John McLaughlin ? guitar / Kenny Garrett - sax / John Patitucci ? bass / Brain Blade - drums / Gayle Moran - vocal

RETURN TO FOREVER (1DVD-R) Seoul Korea 2011 Second Line-095 96min. Aud-shot Seoul Arts Center, Seoul, Korea 14th October 2011 g111105

Chick Corea & Gary Burton (1DVD-R) Jazzwoche Burghausen 2011 Rainbow Seeker DVD-025 89min. Pro-shot Wackerhalle, Burghausen, Germany 23rd March 2011 g111105

RETURN TO FOREVER g111025 (2CD-R) LIVE IN NAGOYA 2011 Wildlife Records -098 Aichi-ken Geijutsu Gekijo, Nagoya, Aichi, Japan 27th September 2011

RETURN TO FOREVER g111025 (2CD-R) LIVE IN TOKYO 2011 Wildlife Records -099 International Forum, Tokyo, Japan 29th September 2011

RETURN TO FOREVER g111025 (2CD-R) LIVE IN SHIZUOKA 2011 Wildlife Records -100 Granship Shizuoka, Shizuoka, Japan 10th October 2011

RETURN TO FOREVER (above all the skies) g111021 RTF-004 g111021 (2CD-R) Hibiya Open Air Music Theater, Tokyo, Japan 8th October 2011 (Disc 1)

Return To Forever / The Last Day Of World Tour 2011 111021 (1DVDR ) (ND-2935) Seoul Arts Center,Seoul,Korea October 14 2011

RETURN TO FOREVER above all the skies g111019 (2CD-R) = Hibiya Open Air Music Theater, Tokyo, Japan 8th October 2011

RETURN TO FOREVER LIVE IN NAGOYA 2011 Wildlife Records G111015 (2CD-R) Aichi-ken Geijutsu Gekijo, Nagoya, Aichi, Japan 27th September 2011

RETURN TO FOREVER LIVE IN TOKYO 2011 Wildlife Records G111015 (2CD-R) International Forum, Tokyo, Japan 29th September 2011

RETURN TO FOREVER LIVE IN SHIZUOKA 2011 Wildlife Records G111015 (2CD-R) Granship Shizuoka, Shizuoka, Japan 10th October 2011

Return To Forever IV / CINCINNATI 2011 D111014F (1DVDR) Live at PNC Pavilion, Riverbend Music Center, Cincinnati, Ohio, USA 18th August 2011 AMAZING-SHOT!!!

RETURN TO FOREVER Aphorism Rainbow Seeker-013 Jazz In Marciac, Le Chapiteau, France 29th July 2011 Personnel; Chick Corea (piano, keyboards), Jean Luc Ponty (electric Violin), Stanley Clarke (Electric & Acoustic Bass), Frank Gambale (Electric & Acoustic Guitar) & Lenny White (drums) G110813 (2CD-R)

RETURN TO FOREVER (3CDR+1DVDR) EPIC 2011 -limited edition- Rainbow Seeker-009LE G110804 <Disc 1> "North Sea Jazz Festival", Rotterdam, the Netherlands 8th July 2011 1. Intro Jam 2. Medieval Overture 3. Senor Mouse 4. Tuning / The Shadow Of Lo intro 5. Sorceress 6. Band Introduction 7. Renaissance 8. After The Cosmic Rain <Disc 2> Olympia Hall, Paris, France 9th July 2011 1. Medieval Overture 2. Piano & Violin intro / Senor Mouse 3. Tuning / The Shadow Of Lo intro 4. Sorceress 5. Band Introduction 6. After the Cosmic Rain 7. Dream Revelations 8. Mirag <Disc 3> 1. Romantic Warrior 2. Concierto de Aranjuez / Spain 3. School Days 4. Hymn Of The 7th Galaxy Calvin Theater, Northampton, MA, USA 24th June 2011 5. Dayride 6. Renaissance

RETURN TO FOREVER / EPIC 2011 Rainbow Seeker G110719 5250Y (3CDR) Jean Luc PontyとFrank Gambaleを迎えて活動を再開した"RETURN TO FOREVER ?"の2011年最新ライブ音源集、選りすぐりの3公演をいずれも超高音質で収録したファン必聴のアイテムが入荷!まずディスク1には、7/8にオランダでおこなわれたNorth Sea Jazzフェスティバルでのライブ・パフォーマンスを、極上音質の放送用ステレオ・サウンドボード・マスターよりデジタル・リマスタリング収録しています。フェスにおけるステージということで通常のセットと比べるとコンパクトな内容となっており、放送の尺の関係からラストの「School Days」がカットされてしまっているのが残念ですが、オフィシャル・リリースされても不思議ではないレベルの素晴らしいサウンド・バランスで最新パフォーマンスを楽しめるファン必聴の音源!マスターに発生していたノイズも完璧に払拭された決定版です!ディスク2と3には、翌日にパリでおこなわれたライブを超高音質のオーディエンス録音にて完全収録。ディスク1のサウンドボード音源には未収の「スペイン」「浪漫の騎士」「第7銀河の賛歌」等は問答無用に必聴でしょう!レーベル独自のリマスターが施されたサウンドも秀逸で、近年のデジタル・オーディエンス・レコーディングの典型とも呼べる素晴らしい録音を楽しむことが出来ます。ディスク3の最後には、パリ公演ではセット落ちしてしまった「Dayride」「Renaissance」の2曲を、ツアー初日にあたる6/24のNorthampton公演より追加収録。もちろんこちらも、デジタル・リマスタリングの施された手抜き無しの高音質オーディエンス録音です!*ディスク2の「中世序曲」出だしのみ音質が不安定になりますが、マスターに起因するものです。ご了承下さい。<Disc 1> "North Sea Jazz Festival", Rotterdam, the Netherlands 8th July 2011 1. Intro Jam 2. Medieval Overture 3. Senor Mouse 4. Tuning / The Shadow Of Lo intro 5. Sorceress 6. Band Introduction 7. Renaissance 8. After The Cosmic Rain <Disc 2> Olympia Hall, Paris, France 9th July 2011 1. Medieval Overture 2. Piano & Violin intro / Senor Mouse 3. Tuning / The Shadow Of Lo intro 4. Sorceress 5. Band Introduction 6. After the Cosmic Rain 7. Dream Revelations 8. Mirage <Disc 3> 1. Romantic Warrior 2. Concierto de Aranjuez / Spain 3. School Days 4. Hymn Of The 7th Galaxy Calvin Theater, Northampton, MA, USA 24th June 2011 5. Dayride 6. Renaissance

RETURN TO FOREVER / THE 4th HYMN Rainbow Seeker DVD G110719 2835Y (1DVDR) 99min. Aud-shot "Return To Forever IV"こと第4期RTFの最新ライブを、素晴らしい画質&カメラアングルのオーディエンス・ショットにて約100分間にわたり収録!2011年6/25NYでおこなわれたステージを、会場最前方の良席から入魂のオーディエンス・ショットにて捉えたもので、全編を通してストレス無く楽しむことが出来る優良映像です(「浪漫の騎士」が途中でカットとなっています、ご了承下さい)。バンドの核を成すChick Corea、Stanley Clarke、Lenny White、エレクトリック・バンドでお馴染みのFrank Gambale、そして今回の再結成ツアー最大の見所・聴き所でもあるJean Luc Pontyの5人が紡ぎ出すサウンドは、正にミラクル!馴染み深いRTFの名曲群が文字通り新たな生命を得て繰り出される様は圧巻、レーベル独自のリマスターが施されたことにより音質も数ランク向上しており、この感動的なライブを存分に楽しむことが出来る必携アイテムへと仕上がっています。秋に予定されている来日公演の予復習に欠かせないマスト・アイテム!お買い逃しなく!!"Syracuse Jazz Fest", Onondaga Community College, Syracuse, NY 25th June 2011 01. tuning 02. Medieval Overture 03. Senor Mouse 04. band introduction / tuning 05. The Shadow of Lo (intro) 06. Sorceress 07. Lenny Speaks & Acoustic Tuning 08. Renaissance 09. Jean Luc Speaks 10. Dayride 11. After the Cosmic Rain 12. Romantic Warrior (Cuts) 13. School Days

RETURN TO FOREVER IV / European 2 Performance 2011 JM M110719 6678Y (3CDR) 初回限定30SETにはLive at Audi Forum, Neckarsulm, Germany, July 03rd 2011公演がおまけとしてボーナスCD付きます!!2011年9月29日からジャパン・ツアーが決定しているリターン・トゥ・フォーエヴァーの最新ヨーロッパ・ツアーから2公演を3枚組に収録。Disc 1には7月8日 毎年恒例の祭典、North Sea Jazzfestival出演時のパフォーマンスをオフィシャル・クオリティ並みの超高音質ステレオ・サウンドボード音源で63分に渡り収録。残念ながら放送枠の関係で完全収録ではありませんが、音質はとにかく抜群に素晴らしいの一言です。Disc 2&3には翌日の7月9日パリ、オリンピア公演をこちらはオーディエンス録音での収録になりますが、鮮度の良いマスターを用いた臨場感溢れる高音質録音で全曲完全収録。ジャン・リュック・ポンティーが加わり、さらにギターはフランク・ギャンバレに変わり、より一層厚みの増したバンドで来日公演が行われるのが今から待ち遠しい限りです。来日公演に向けて予習版として最適なアイテムです。Disc 1 : 1. Intro/Medieval Overture 2. Senor Mouse 3. Sorceress 4. Renaissance 5. After the Cosmic Rain  Live at North Sea Jazzfestival, Rotterdam, Netherlands, July 08th 2011 DISC 2 : 01.Medieval Overture 02.Senor Mouse 03.Sorceress 04.Band Introduction / Renaissance 05.Dream Revelations DISC 3 : 06.After the Cosmic Rain 07.Romantic Warrior 08.Concierto de Aranjuez / Spain 09.School Days 10.Hymn of the 7th Galaxy Live at Olympia, Paris, France, July 09th, 2011 Bonus 2CDR Disc 1 : 01 Intro 02 Medieval Overture 03 Senor Mouse 04 Sorceress 05 After the Cosmic Rain Disc 2 : 01 Hymn of the 7th Galaxy 02 Dream Revelations 03 Renaissance 04 Romantic Warrior 05 Spain 06 School Days Live at Audi Forum, Neckarsulm, Germany, July 03rd 2011 Chick Corea: piano, keyboards Jean Luc Ponty: electric Violin Stanley Clarke: electric & Acoustic Bass Frank Gambale: electric & Acoustic Guitar Lenny White: drums

RETURN TO FOREVER / FESTIVAL NIGHTS CROSSOVER C110715 5250Y (1CDR+1DVDR) リターン・トゥ・フォーエバー2011年の最新ライブ音源がまたもや登場!今回は2011年7月8日オランダ・ノースシー・ジャズ・フェスティバルでの演奏を放送サウンドボード音源から収録。完全ではないものの最新ライブをサウンドボードで楽しめる見逃せないライブ音源です。ボーナス・トラックでドイツでの「スクール・デイズ」も収録してます。そして注目はオーディエンス・カメラ・ショットで収められたニューヨーク・シラキュース・ジャズ・フェスティバルでのステージをDVDがカップリングで登場です。やはり映像ならではのインパクトは絶大で来たる来日公演の期待が高まる演奏を確認できます。ジャン・リュック・ポンティの参加で往年のジャズ・フュージョン・ファンにとっては見逃せないリターン・トゥ・フォーエバー最新ライブを音と映像でお届けします!CDR:01. Funk Intro/02. Medieval Overture/03. Senor Mouse/04. The Shadow Of Lo/05. Sorceress/06. Band Introduction/07. Renaissance/ 08. After The Cosmic Rain Soundboard Live At North Sea Jazzfest, Rotterdam, Ahoy Complex, Holland July 8th 2011 09. School Days Live At Landes Jazz Festival, Baden, Ttemberg, Germany July 3rd 2011 DVDR:01. Medieval Overture/02. Senor Mouse/03. Band Introduction / The Shadow Of Lo / Sorceress/04. Renaissance/05. Dayride / After The Cosmic Rain/06. Romantic Warrior 07. School Days Live At Syracuse Jazz Fest, Onondaga Community College, Syracuse, New York June 25th 2011 time approx 96min.

Return To Forever ? / Syracuse Jazz Fest NORTHERN 110708 3675Y (1DVDR) Chick Corea,Stanley Clarke,Lenny Whiteの3名にJean Luc Ponty、Frank Gambaleを加えた5名によるReturn To Forever ?の”Syracuse Jazz Fest”でのパフォーマンスをオーディエンスショットで収録した映像です。曲間が切れてる部分もありますがステージ近くからの撮影で迫力のある映像に仕上がっています。*Syracuse Jazz Fest at Onondaga Community College,Syracuse,New York June 25 2011 01.Tuning/02.Medieval Overture/03.Captain Senor Mouse/04.Band Intros/05.The Shadow Of Lo/06.Sorceress/07.Lenny Speaks/08.Renaissance/09.Jean Luc Speaks/10.Dayride/11.After The Cosmic Rain/12.Romantic Warrior/13.School Days (99min)

RETURN TO FOREVER / CELEBRATE THE BIRTHDAY CROSSOVER C110707 4200Y (2CDR) DISC ONE:01. Introduction/02. Medieval Overture/03. Band Introduction/04. The Shadow Of Lo (Intro)/05. Sorceress/06. Renaissance/07. Dayride DISC TWO:01. After The Cosmic Rain/02. Romantic Warrior/03. Spain/04. Happy Birthday To Chick/05. School Days Live At Syracuse Jazz Fest, Onondaga Community College, Syracuse, New York June 25th 2011

RETURN TO FOREVER / PHILADELPHIA 1973 CROSSOVER C101015 3150Y (1CDR) SBD 01. Bass Folk Song/02. Space Circus/03. The Game Maker/04. Theme To The Mothership/05. Crystal Silence/06. Bass Folk Song Soundboard Live At The Bijou Caf, Philadelphia december 1974

RETURN TO FOREVER / HOBART COLLEGE 1974 CROSSOVER C100910 5250Y(2CDR) SBD DISC ONE:01. Hymm Of The Seventh Galaxy/02. Captain Senor Mouse/03. After The Cosmic Rain/ DISC TWO:01. Rhodes Intro / Jazzy Improv/02. Acoustic Solos And Improv Jam/03. Sometime Ago / Seventh Galaxy (reprise)/04. Space Circus Soundboard Live At Hobart And William Smith College, Geneva, New York february 1974

RETURN TO FOREVER Sometime Ago Musikladen Germany 1974 & Soundstage 1974 With Herbie Hancock. Polydorf001. (DVD/Digi) a.

RETURN TO FOREVER / STOCKHOLM JAZZDAYS 1972 MEGADISC B100423 3500Y/3675Y(1CDR) LIVE AT STOCKHOLM, SWEDEN 09/17/1972 サウンドボード録音 ジョー・ファレルがフルート、ソプラノ・サックスで短期間ながら参加してその音源がマニア間で幻と云われていた1972年・ヨーロッパ・ツアーから9月17日のストックホルムで開催されたジャズ・フェスティバルでのライブを貴重な超高音質ステレオ・サウンドボード音源で収録。音像の安定感、音の広がり、クリアネス、分離感、スケール、それらすべてが満たされた衝撃のタイトルです。1.BAND INTRODUCTION 2.SPAIN 3.CHILDREN'S SONG 4.MONN SONG(part ?)5.MOON SONG(part ?)CHICK COREA(keyb) STANLEY CLARK(b) JOE FARRELL(flu, ss) AIRTO MOREIRA(dr)

RETURN TO FOREVER / GOTHENBURG 1975 MEGADISC B100423 5775Y(2CDR) LIVE AT GOTHENBURG, SWEDEN 01/22/1975 サウンドボード録音 アル・ディ・メオラが加わった彼らのセカンド・アルバム「No Mystery」リリース後となる1975年ヨーロッパ・ツアーより、1月22日スウェーデン・ヨーテボリ公演を再放送のFM音源からサウンドボードで過去最高のクオリティで収録しています。4人の天才ミュージシャンによる超絶技巧炸裂のハードな重量級クロスオーヴァー・サウンドをたっぷりと堪能することが出来ます。新加入のアル・ディメオラも持ち味のスパニッシュなギター・フレーズを随所で聴く事が出来ます。ハード・プログレをも想起させる柔軟なプレイ・スタイルはやはりこの4人ならではの独壇場。また、アコースティック・サウンドを意欲的に盛り込んだ「No Mystery」の方向性そのままに展開される後半部のアコースティック・ジャムでは、各人が思う存分にソロを展開しておりこちらもファンなら絶対の聴きモノ。アル・ディメオラのテクニカルで流麗なギターとスタンリー・クラークとのバトル、さらにヘヴィーなドラミングのレニーの絡みを統括するチックのプレイが見事に融合した凄まじいライヴ・パフォーマンスを是非体感して下さい。DISC 1 1.HYMM OF THE SEVETH GALAXY / THE SHADOW OF LO 2.BAND INTRUDUCTION 3.DAYRIDE 4.CELEBRATION SUITE 5.SPACE CIRCUS DISC 2 1.ACOUSTIC SOLO & JAMS 2.VULCAN WORLDS CHICK COREA(keyb) AL DiMEOLA(g) STANLEY CLARK(b) LENNY WHITE(dr)

RETURN TO FOREVER / GALAXY CELEBRATION CROSSOVER C100128 5250Y(2CDR) ロック的アプローチで70年代ジャズ・フュージョンを生んだチック・コリア率いるリターン・トゥ・フォーエバー75年ヨーロッパ・ツアーから1月22日スエーデン・イエテボリ公演が高音質サウンドボード音源で登場!アル・ディメオラのテクニカルで流麗なギターに高速チョッパー・ベースでスタンリー・クラークが応酬。さらにレニー・ホワイトのロック・スタイルによるヘヴィーなドラミングが絡まって彼ら独自の演奏を聞かせてくれます。ハードなアンサンブルと対照的なアコースティック・スタイルも披露する全盛期ライブを捉えた注目タイトルです! DISC ONE:1. Hymn Of The Seventh Galaxy / The Shadow Of Lo/2. Band Introduction/3. Dayride/4. Celebration Suite/5. Space Circus DISC TWO:1. Acoustic Solos And Jams/2. Vulcan Worlds Live In Gothenburg, Sweden january 22nd 1975

RETURN TO FOREVER / REELIN' IN THE YEARS 1973 =Reelin' In The Years TV Show 1st January 1973 PRO-SHOT IMPORT TITLE D091103 3500Y/3675Y(1DVDR) 1973年1月1日に放送された”Reelin' In The Years TV Show ”での、準オリジナル・ラインナップのリターン・トゥー・フォーエバー(72年2月にファースト・アルバム(通称“カモメ”)をレコーディング)のライヴ映像をコンプリート収録。放送前のテイクを使った今回のアイテムですが、終始タイム・コード等が入っていたりとデメリットは多数あるものの、画質、音質等、全てにおいてオフィシャル・クオリティーで収録されており、間違いなく満足のいけるスペシャルな内容になっています!今回のdate、locationが全く不明のライヴ映像ですが、ヴォーカルがアイルトの妻フローラ・プリン(71年にドラッグ絡みで逮捕されていたことがあってか、ライヴ活動に関しては相当制限があったようです)ではなく、ゲストなのかレギュラーメンバーだったのかも不明のビリー・トゥラガサーが担当している為、72年7月のフィンランドで参加のライヴ音源あたりと考えられそうですが、セット・リストが10月にレコーディングされたセカンド・アルバム「ライト・アズ・ア・フェザー」からの、Spain 、500 Miles Highですので、(8月のストックホルム公演、9月のハンブルク公演など、72年後半に行われたライヴではヴォーカル抜きのチック、ジョー、スタンリー、アイアートの 4人編成になっています)、8月以前に収録されたとは考えにくい為、おそらく72年暮れ(もしくは今回の1月1日)に再度ゲスト参加して収録されたものと推測できます。いづれにしろ、このライン・ナップで観れる映像は大変貴重なもので、ビリーのスキャット入りSpain、500 Miles Highでフィーチャーされるスタンリー・クラークの脅威のベース・ソロ、チックの美しすぎるヴォイッシング等間違いなく2トラック42分全てが見所になっています!まさにRTF激レア映像を極上のクオリティーで贅沢にパッケージした究極のアイテムが、海外より限定入荷です! 1. Spain 2. 500 Miles High Chick Corea - Keyboards Joe Farrell - Flute & Saxes Stanley Clarke - Bass Airto Moreira - Drums Billy Tragesser - Vocals PRO-SHOT Black & White NTSC Approx. 42min.

RETURN TO FOREVER / CRYSTAL SOUNDS CROSSOVER C091019 5250Y(2CDR) 72年デビュー・アルバム「リターン・トゥ・フォーエバー」で鮮烈なデビューを果たしジャズ・フュージョンの新風を吹き込んだチック・コリア率いるリターン・トゥ・フォーエバーの初期ライブ音源がFM放送サウンドボード音源で登場!72年9月15日ドイツ・ハンブルグ公演を収録したもので後のエレクトリック路線とは違って初期ならではのアコースティックな演奏を聞かせてくれます。永遠の名曲「サムタイム・アゴー」「ラ・フィエスタ」はもちろんセカンド・アルバムからの新曲も含めた注目のスタジオ・ライブ音源です! DISC ONE:1. Introduction - German FM announcer/2. Captain Marvel/3. Light As A Feather/4. unidentified/5. Crystal Silence DISC TWO:1. Introduction - German FM announcer/2. Introduction ? Improvisation/3. Sometime Ago/4. La Fiesta/5. Spain Soundboard Live At Studio 10 - Funkhaus, Hamburg, Germany September 15th 1972

Chick Corea, Stanley Clarke & Lenny White / Oakland 2009 All Blues Records G091009 3200Y/3360Y(1CDR) Chick Corea、Stanley Clarke、Lenny Whiteのトリオによる2009年最新ライブを、超高音質のオーディエンス録音にて収録。2009年9/18にカリフォルニアの名所Yoshi’sでおこなわれた注目のトリオによるライブですが、年末には同メンバーでの来日公演も決定しているので、その内容を予復習する上で最高のマテリアルといえるでしょう。「On Green Dolphin Street」で幕を開けたライブは、中期Return To Foreverの楽曲やチックのソロでお馴染みの楽曲から構成されたアコースティック・ステージとなっています。もちろん随所に各人のソロパートも組み込まれており、衰えを見せない超絶テクを堪能することが出来ます。昨年度のRTF再結成ツアーにおけるエレクトリック・サウンドとコントラストを為す、魅力的なライブ音源といえるでしょう。Yoshi's, Oakland, CA 18th September 2009 (EX Audience Master / digitally remastered) 1. On Green Dolphin Street 2. Windows 3. Bud Powell 4. No Mystery 5. Improvisation 6. After The Cosmic Rain 7. Spain *Personnel; Chick Corea (Piano), Stanley Clarke (Acoustic Bass), & Lenny White (Drums)

Chick Corea, Miroslav Vitous & Roy Haynes / Trio Music at Village Vanguard All Blues Records G091005 5250Y(2CDR) 名盤『Trio Music』期の決定的なライブ音源!1982年12/11のNYヴィレッジ・ヴァンガードにおけるトリオの演奏を、高品質のステレオ・サウンドボード・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。アーリー・ショウとレイト・ショウをディスク2枚に収録、『Trio Music』収録時のスタジオの熱気をそのままライブハウスに持ち込んだかのような、壮絶なインプロ合戦を随所に聴くことが出来ます。やや経年を感じさせるマスターを入念なリマスタリングにより磨き上げており、時代を考えるならばAクラスと言って差し支えない高音質による収録となっています。VILLAGE VANGUARD, NEW YORK, NY 11TH DECEMBER 1982 (STEREO SOUNDBOARD RECORDING / 2009 DIGITALLY REMASTERED) <DISC 1> EARLY SHOW; 1 INTRODUCTION 2 NIGHT AND DAY 3 THE LOOP 4 TALK 5 ROUND MIDNIGHT 6 RHYTHM-A-NING 7 A CONCOCTION LATE SHOW; 8 INTRODUCTION 9 SO IN LOVE <DISC 2> 1 MIRROR MIRROR 2 MIROVISIONS 3 CREPUSCULE WITH NELLIE 4 HACKENSACK 5 PRELUDE #2 6 PIANO MUSIC #3 ~ CHILDREN'S SONG #20 7 BASS SOLO 8 DRUM SOLO 9 MATRIX *PERSONNEL; CHICK COREA (PIANO), MIROSLAV VITOUS (BASS), & ROY HAYNES (DRUMS)

Chick Corea (and Touchstone, Stefano Bollani) / My Latin Heart 121min. Pro-shot Tribal Blast DVD G090910 3500Y/3675Y(1DVDR) Chick Coreaの近年のプロショット映像を2ソース、いずれも高画質の放送用プロショット・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。まず前半が2005年7/12のスペインでの”Touchstone”名義でのライブで、地元の英雄Paco De Luciaバンドの主要メンバーを従えてのステージは、チックの“スパニッシュ・ハート”が炸裂する素晴しい内容となっています。自らが作曲に関わった「Zyryab」におけるピアノ・ソロ等はファン必見でしょう。一方後半も大変興味深い内容、2009年7/13イタリアにおけるStefano Bollaniとのピアノ・デュオのステージです。近年のジャズ・ピアニストの中でもひときわの異彩を放つStefanoとの共演には、御大チックもかなり刺激を受けている様子で、ファンであれば間違いなくラストの「Spain」まで画面に釘付けとなることでしょう。[Chick Corea & Touchstone] 29 Festival de Jazz, Vitoria-Gasteiz, Spain 12th July 2005 1. Touchstone 2. King & Queen 3. Piano / Bass Duet 4. Zyryab *personnel: Chick Corea (piano), Jorge Pardo (flute, alto flute, soprano sax), Carlos Benavent (bass), Rubem Dantas (percussion), & Tom Brechtlein (drums) [Chick Corea & Stefano Bollani] Umbria Jazz, Perugia, Italy 13th July 2009 1. Windows 2. Picture in Black & White 3. Round Midnight 4. Hot House 5. Blue Monk 6. Armando's Rhumba 7. Take the 'A' Train 8. Spain *personnel: Chick Corea (piano) & Stefano Bollani (piano)

CHICK COREA / MEETS DIZZY GILLESPIE IN HOLLYWOOD// VG-AUD Recording // 2008 Digital Remaster /LIVE AT HOLLYWOOD BOWL, HOLLYWOOD, CA, USA, JUNE 22, 1980 HHCD G090914 3500Y/3675Y(1CDR) CHICK COREA // AL VISSUTTI // STEVE KUJALA // BUNNY BRUNEL // TOM BRECHTLEIN // LAUDIR D'OLIVIERA // DON ALIAS // GAYLE MORAN // and DIZZY GILLESPIE 1. Tapstep / 2. The Embrace / 3. Introducing the Musicians / 4. Central Park / 5. Introducing Dizzy Gillespie / 6. On Green Dolphin Street / 7. This Time // エレピを弾きまくるチック・コリアのライヴに、元祖ソウルトランペッター・ディジー・ガレスピィがゲストで登場。ディジーが加わる前までのチックのエレピはまさに独壇場。絶品です。ディジーが登場してからはさすがに“暴れまくり”とはいきませんが、貴重なセッションが楽しめます。音質は最上級とまでは行きませんが、リマスタリングにより十分満足していただける音質になってます。

CHICK COREA, MIROSLAV VITOUS, ROY HAYNES / TRIO LIVE IN KOOL JAZZ FESTIVAL// EX-AUD Recording // 2008 Digital Remaster /Live at KOOL JAZZ FESTIVAL, SARATOGA SPRINGS, NY, USA, June 29th 1985 HHCD G090818 3500Y/3675Y(1CDR) Chick Corea (p) / Miroslav Vitous (b) / Roy Haynes (ds) 1. Bessie's Blues / 2. Summer Night / 3. Night And Day / 4. Mirror Vision / 5. Some Time Ago / 6. Bass Solo / 7. Drum Solo / 8. Hackensack ECMで企画された、なかなか興味深い編成のトリオによるライヴ音源です。チックの弾きまくりエレピが聴きたい人にはおすすめできません。上質なオーディエンスマスターをリマスタリング収録。ECMファンは必携。

RETURN TO FOREVER / SPACE CIRCUS CROSSOVER C090625 3700Y/3885Y(1CDR) ウエザー・リポートと共に70年代のジャズ・フュージョンを代表するチック・コリア率いるリターン・トゥ・フォーエバーの73年ニュー・ジャージー・プリンスト ン公演がサウンドボード音源で初登場。アル・ディ・メオラ加入以前の時期でギターはビル・コナーズが弾いている貴重なライブです。プログレ風の展開や ロック的ダイナミズムを兼ね備えた必聴のレア・ライブです! 1. Theme To The Mothership/2. Bass Folk Song/3. Children's Song #1/4. Speace Circus/5. Captain Senor Mouse/6. The Game Maker Soundboard Live At Alexander Hall, Princeton, NJ November 30th 1973

CHICK COREA & JOHN McLAUGHLIN / JAZZFESTIVAL IN GERMANY HHCD G090603 5250Y(2CDR) // EX-AUD Recording // 2009 Digital Remaster Live at JAZZFESTIVAL, LEVERKUSEN, GERMANY, November 06, 2008 Chick Corea (keys) / John McLaughlin (elg) / Vinnie Colaiuta (ds) / Kenny Garrett (as) Christian McBride (b) // DISC1 / 1. intro / 2. ROUND MIDNIGHT / 3. RAJU / 4. McLaughlin speaks 5. THE DISGUISE / 6. NEW BLUES, OLD BRUISE / 7. HYMN TO ANDROMEDA / DISC2 / 1. HYMN TO ANDROMEDA cont. / 9. Dr. JACKLE / 10. SENOR C.S. / 11. IT'S ABOUT TIME チックコリア+ジョンマクラフリンのファイヴピース・バンドによるライヴを超高音質オーディエンスマスターよりリマスタリング収録。超絶テクニックを誇るツワモノぞろいのバンドならではの別次元の演奏。“Senor C.S.”、“It's About Time”はぐりぐりにドライヴするリズムの中ケニーギャレットのサックス、コリアのローズ、ジョンマクのギター弾きまくりの大熱演。フュージョン、ジャズロック・ファン必聴です。

Chick Corea & John McLaughlin Five Peace Band / Tokyo Live 2009 volume two Wildlife G090413 6500Y/6825Y (3CDR) Chick CoreaとJohn McLaughlinが双頭となり結成され、2008年秋から本格的なツアーを開始したFive Peace Bandの来日ライブ音源第2弾がWildlifeレーベルより登場!2009年2月上旬におこなわれた1週間に及ぶ東京公演の中から、2/7のファースト・ショウとセカンド・ショウをともに極上音質のオーディエンス録音にて完全収録しています。この日はファースト・セット、セカンド・セットともに、会場最前方のメンバーの目の前のポジションで録音されており、各楽器のサウンドの生々しさ、中でもモニターまで最短距離で録音されたチックのキーボードの音色の素晴しさは鳥肌モノの素晴らしさとなっています。1週間に及んだ東京公演もこの日と翌日2/8を残すのみ、セットに関しては「Dr.Jackle」の位置が変わったぐらいで目新しい箇所はありませんが、日替わりの各人のソロとインタープレイはやはり全公演必聴、そして何より主役2人(チック&ジョン)のプレイを非常にクリアに聴き取ることが出来るという意味で、正にファン冥利に尽きる素晴しいアイテムといえるでしょう! Live in Tokyo, Japan 7th February 2009 <DISC 1> -1st show- 1. 1st show intro 2. RAJU 3. THE DISGUISE 4. NEW BLUES, OLD BRUISE <DISC 2> 1. SPIRIT RIDES 2. IN A SILENT WAY / IT'S ABOUT THAT TIME 3. 1st show outro -2nd show- 4. 2nd show intro 5. SENOR C.S. <DISC 3> 1. HYMN TO ANDOROMEDA 2. DR. JACKLE 3. IN A SILENT WAY / IT'S ABOUT THAT TIME 4. 2nd show outro  Personnel; Chick Corea (piano, keyboards), John McLaughlin (guitar), Kenny Garrett (sax), Christian McBride (bass), & Brian Blade (drums)

Chick Corea & John McLaughlin Five Peace Band / Tokyo Live 2009 volume three Wildlife G090413 6500Y/6825Y (3CDR) Chick CoreaとJohn McLaughlinが双頭となり結成され、2008年秋から本格的なツアーを開始したFive Peace Bandの来日ライブ音源第3弾がWildlifeレーベルより登場!2009年2月上旬におこなわれた1週間に及ぶ東京公演の中から、最終日2/8のファースト・ショウとセカンド・ショウをともに高音質のオーディエンス録音にて完全収録しています。1週間に及ぶ東京公演も最終日、この日はツアーの中休みを利用してJeff Beckが客席に顔を見せており(残念ながら共演はありませんでした)会場内が騒然とするシーンもありました。ブライアン・ブレイドを新たに迎えたニュー・ラインナップによるライブの集大成とも言うべき素晴しいステージ、前日同様に日本語MCとアドリブ・ソロで大活躍するKenny Garrettのパフォーマンス等聴き所満載、正に有終の美を飾る最高のライブです。 Live in Tokyo, Japan 7th February 2009 <DISC 1> -1st show- 1. 1st show intro 2. RAJU 3. THE DISGUISE 4. NEW BLUES, OLD BRUISE <DISC 2> 1. SPIRIT RIDES 2. IN A SILENT WAY / IT'S ABOUT THAT TIME 3. 1st show outro -2nd show- 4. 2nd show intro 5. SENOR C.S. <DISC 3> 1. HYMN TO ANDOROMEDA 2. DR. JACKLE 3. IN A SILENT WAY / IT'S ABOUT THAT TIME 4. 2nd show outro  Personnel; Chick Corea (piano, keyboards), John McLaughlin (guitar), Kenny Garrett (sax), Christian McBride (bass), & Brian Blade (drums)

Chick Corea Elektrik  Band / Basel Oct. 25th.1990 ---SBK-3229 5775Y(2CDR) SBD

Chick Corea Elektrik / Band, Royal Fest. Hall, London, 1990 SBK-3230 3675Y( 1CDR) SBD

Chick Corea Elektrik / Band, Fasching, Sweden 23/4/92 SBK-3231 3675Y(1CDR) SBD

Chick Corea Elektrik band / Madrid, May 1986 SBK-3232 3675Y(1CDR) SBD

CHICK COREA & JOHN McLAUGHLIN / SCANNED IN IMAGES CROSSOVER C090402 4800Y/5040Y (2CDR) ジャズ・フュージョンの両巨頭、チック・コリアとジョン・マクラフリンによるファイブ・ピース・バンドの2009年最新ライブ音源到着!2009年3月24日カリフォルニア・モデスト公演を極上クオリティのオーディエンス録音マスターで収録。屈指のテクニシャンである二人によるファン待望のジョイント・ライブです! DISC ONE:1. Raju/2. Band Introduction/3. The Disguise/4. Introducing New Blues, Old Bruise/5. New Blues, Old Bruise DISC TWO:1. Senor C.S./2. Introducing Hymm To Andromeda/3. Hymm To Andromeda/4. Doctor Jackal Live At Rogers Theater, Modesto, California March 24th 2009

RETURN TO FOREVER / Return To Sevnties 090316 NORTHERN 3500Y/3675Y (1DVDR) 昨年再集結してツアーし話題となったReturn To Foreverの初期映像集です。1973年と1976年の映像が収録されて います。1973年の映像は1月1日に放送された”Reelin' In The Years”でサックス&フルートでJoe Farrellが参加して いる貴重な映像です。1976年の映像は”Old Grey Whistle Test”に出演した際の映像でこの当時の映像としては最高の レベルで収録されています。また同番組にチック・コリアが単独で出演した際の映像も1曲収録されています。*Reelin' In The Years TV Show January 1 1973 Spain/500 Miles High/Stanley Solo/500 Miles High Chick Corea: Keyboards Joe Farrell: Saxes & Flute Stanley Clarke: Bass Airto Moreira: Drums & Percussion + Unknown Male Vocalist *Old Grey Whistle Test,BBC Theatre,London,England 1976 Medieval Overture/The Sorceress/The Magician/The Romantic Warrior/Duel Of The Tyrant And The Jester Chick Corea - Keyboards Stanley Clarke - Electric Bass Al Di Meola - Electric Guitar Lenny White - Drums, Percussion *Old Grey Whistle Test Space Circus(Chick Corea) (90min)

Chick Corea & John McLaughlin Five Peace Band / Tokyo Live 2009 volume one Wildlife G090324 6800Y/7140Y (3CDR) Chick CoreaとJohn McLaughlinが双頭となり結成され、2008年秋から本格的なツアーを開始したFive Peace Bandの来日ライブ音源第1弾がWildlifeレーベルより登場!2009年2月上旬におこなわれた1週間に及ぶ東京公演の中から、2/5のファースト・ショウとセカンド・ショウをともに極上音質のオーディエンス録音にて完全収録、さらにボーナストラックとして2/4に都内で行なわれたチック&ジョンのインストア・ライブを追加収録したファン必携のアイテムです。この来日公演のバンド編成は、Chick Corea、John McLaughlin、Kenny Garrettのマイルス・バンドの卒業生3人に当代きってのファーストコール・ベーシストChristian McBride、そして当初参加していたVinnie Colaiutaに代わりBrian Bladeという豪華な顔ぶれとなっており、中でもVinnie Colaiutaとは対照的なスタイルでバンド・サウンドに新鮮なスパイスを加えたBrian Bladeのしなやかで切れ味鋭いプレイは必聴です!チック、ジョン両者の手による新旧の楽曲群、そしてやはりこのメンツならではの十分過ぎる説得力で迫る「In A Silent Way / It's About That Time」、さらにボーナストラックのチック&ジョンのデュオによるジャズ・スタンダードまで、全編聴き所満載の素晴らしすぎるアイテム、音質も完璧です! Live in Tokyo, Japan 5th February 2009 <DISC 1> -1st show- 1. 1st show intro 2. RAJU 3. THE DISGUISE 4. NEW BLUES, OLD BRUISE 5. SPIRIT RIDES <DISC 2> 1. IN A SILENT WAY / IT'S ABOUT THAT TIME 2. 1st show outro -2nd show- 3. 2nd show intro 4. DR. JACKLE 5. HYMN TO ANDOROMEDA <DISC 3> 1. SENOR C.S. 2. IN A SILENT WAY / IT'S ABOUT THAT TIME 3. 2nd show outro *Personnel; Chick Corea (piano, keyboards), John McLaughlin (guitar), Kenny Garrett (sax), Christian McBride (bass), & Brian Blade (drums) [bonus track] In Store Live, Tokyo, Japan 4th February 2009 4. talk show 5. SOMEDAY MY PRINCE WILL COME 6. ROUND MIDNIGHT 7. BLUE MONK *Personnel; Chick Corea (keyboards) & John McLaughlin (guitar)

Return To Forever / 43 Jazzaldia Festival C080902 NORHERN 4725Y (1DVDR) 今年再結成されワールドツアー中の彼らがスペインの音楽祭に出演した際の映像。テレビ放送されたものがソースでプロショット映像です。先日、オーディエンスショットでのアイテムを紹介しましたがこちらは単独コンサートではなく音楽祭への出演なので演奏時間は通常の約半分になっています。プロショット映像と相俟ってダイレクトに彼らの魅力が伝わるものとなっています。(80分) *43 Jazzaldia Festival,San Sebastian,Spain July 25 2008 Broadcast date: August 21 2008 Vulcan Worlds/The Sorceress/Al's Solo Part1/Al's Solo Part2/Chick's Solo/The Romantic Warrior/Stanley's Solo Part1/Stanley's Solo Part2/Duel Of The Jester And The Tyrant

RETURN TO FOREVER / MIAMI 2008 AUD-SHOT 155MIN HAT M080822 3500Y /3675Y(1DVDR) 何とまさかにオリジナル・ラインナップで再結成をしたReturn To Forever!その最新ライブが素晴らしいオーディエンスショットで収録!カメラが良いのか、かなり鮮明な映像で、下手すればプロショットと思わされる部分が多い、目から鱗の映像!そしてこの卓越した個々のメンバーのプレイ!これは絶対保存版! The Fillmore Miami Beach at Jackie Gleason Theatre Miami, FL July 30, 2008 Opening Prayer Hymn of the Seventh Galaxy Vulcan Worlds The Sorceress Song To The Pharoah Kings No Mystery Summer Night The Romantic Warrior Encore Duel Of The Jester The Tyrant

RETURN TO FOREVER / Miami Vice 156min. Aud-shot Rainbow Seeker G080817 5250Y (2DVDR) 黄金期メンツによるリユニオン・ツアーの只中にあるRTFの映像アイテムが、マニア納得の決定的なクオリティで登場。2008年7/30のマイアミ公演のファースト&セカンド・セットを、合計2時間半以上に亘り2階席左手最前部から固定カメラによるオーディエンス・ショットにて捉えた素晴しいクオリティのDVDです。同オーディエンス・マスターを使用した1枚もののDVDも発売されていますが、本アイテムではオリジナル・ソースの美麗なデジタル映像を保持すべくファーストセットをディスク1に、セカンドセットをディスク2に分けて収録。音声部にはデジタル・リマスタリングにより低音部の厚みを増した非常に高音質のLPCM音源を採用、さらにこのマスター最大の弱点であった数箇所の音抜け箇所も別ソースのオーディエンス音源にて補正するという念の入りようで、文字通り当面の再結成ツアー映像の決定版と呼ぶに相応しいマニア狂喜の仕上がりとなっています。The Fillmore Miami Beach at Jackie Gleason Theatre, Miami, FL, 30th July 2008 <DVD 1 -1st set- 69min.27sec.> 1. opening  2. band introduction by Chick Corea  3. Hymn of the Seventh Galaxy  4. Vulcan Worlds  5. introduction by Stanley Clarke  6. The Sorceress  7. introduction by Lenny White  8. Song To The Pharoah Kings  <DVD 2 -2nd set- 86min.05sec.> 1. Children Song  2. Al Di Meola Acousatic Guitar solo  3. No Mystery  4. Summer Night  5. The Romantic Warrior 〜 Stanley Clarke solo  6. The Romantic Warrior reprise (incl. Lenny White solo)  7. introduction by Al Di Meola  8. Duel Of The Jester And The Tyrant  9. outro

Return To Forever / Live at The Fillmore Miami Beach NORHERN C080813 4725Y (1DVDR) チック・コリア、スタンリー・クラーク、アル・ディ・メオラ、レニー・ホワイトのメンバーで再結成されツアー中の彼らのフロリダでのステージをオーディエンスショットで収録したDVDRです。 今回はホーンセクションはないのでサウンド的には第2期のものとなります。 ジャズ、フュージョン界の名手が集まったスーパーグループですので約2時間半のステージを飽きさせることなく聞かせてくれます。 ショットはステージ中央左側からの撮影となりワンカメラですが安定しており音質も良好です。(155分) *The Fillmore Miami Beach at Jackie Gleason Theatre,Miami,FL July 30 2008 SET 1 Opening Prayer/Hymn Of The Seventh Galaxy/Vulcan Worlds/The Sorceress/Song To The Pharoah Kings SET 2 Al Dimeola Solo/No Mystery/Summer Night/The Romantic Warrior/Duel Of The Jester

RETURN TO FOREVER / VANCOUVER 2008=The Centre In Vancouver For Performing Arts, Vancouver, BC, June 9, 2008 M080627 DKLG 6000Y/6300Y (3CDR) リターン・トゥ・フォーエヴァー、2008年6月9日ヴァンクーヴァーでのコンサートを3枚組完全収録。チック・コリア、スタンリー・クラーク、レニー・ホワイト、アル・ディ・メオラの4人が集結。往年の名曲を再演しています。ジャズ・フュージョン、リスナーには必聴の歴史的1夜の新たなる録音音源の登場です。 The Centre In Vancouver For Performing Arts, Vancouver, BC, June 9, 2008 Disk- 1 01. Chick Intro 02. Hymn Of The Seventh Galaxy 03. Vulcan Worlds 04. Stanley Speaks 05. Sorceress 06. Lenny Speaks 07. Song To The Pharoah Kings Disk- 2 01. Chick Set 2 Intro 02. No Mystery (including guitar solo) 03. The Romantic Warrior (including piano, bass, and drum solos) Disk-3 01. Al Speaks 02. Duel Of The Jester And The Tyrant Encore: 03. Dayride The band: Chick Corea: Keyboards Stanley Clarke: Bass Lenny White: Drums Al Di Meola: Guitar

RETURN TO FOREVER / And They’ve Returned…=The Centre In Vancouver For Performing Arts, Vancouver, BC, Canada, 9th June 2008 G080614 Our Prayer 4725Y (2CDR) ついに開始した黄金期編成RETURN TO FOREVERによる2008年リユニオンツアーより、極上音質でステージを完全収録した大推薦のアイテムが登場!2008年6/9、カナダのヴァンクーヴァーでおこなわれた2セットからなるステージを、非の打ち所の無い完璧なバランスの極上オーディエンス・マスターよりデジタル・リマスタリング収録、ヘタなサウンドボードなど一蹴してしまう決定的な高音質による収録となっています。Chick Corea、Stenley Clarke、Lenny White、Al Di Meola、ロック・オリエンテッド・サウンドで頂点を極めた時期を総括するかのようなセットリストは感涙モノ、演奏自体もツアーの進行とともに息の合ったものとなってきており、当初バンドのHPで配信していたリハーサルの頃とは全く別次元のまとまりをみせています。随所で展開される鬼気迫る鍔迫り合いは今が2008年だということを忘れさせてしまうほどの迫力、久しぶりにエレクトリック・ギターで高速フレーズを弾きまくるAl Di Meolaのプレイにもファンは溜飲を下げる思いでしょう。大推薦盤!! ◆The Centre In Vancouver For Performing Arts, Vancouver, BC, Canada, 9th June 2008 <Disc 1> -set 1- 1. introduction by Chick Corea 2. Hymn Of The Seventh Galaxy 3. Vulcan Worlds 4. introduction by Stanley Clarke 5. Sorceress 6. introduction by Lenny White 7. Song To The Pharoah Kings -Set 2- 8. introduction by Chick Corea 9. Al Di Meola guitar solo <Disc 2> 1. No Mystery 2. Chick Corea piano solo 3. Romantic Warrior 4. Stanley Clarke bass solo 5. Romantic Warrior reprise (incl. Lenny White drums solo) 6. introduction by Al Di Meola 7. Duel Of The Jester And The Tyrant -encore- 8. Dayride 9. Spain ◇Personnel; Chick Corea (keyboards), Stanley Clarke (bass), Lenny White (drums), & Al Di Meola (guitar)

Chick Corea / Hidden Archives Tribal Blast G080523 4200Y (1DVDR)114min. Pro-shot Chick Coreaのレア・ライブ映像を2ソース、ともにデジタルリマスタリングの施された良好プロショットにて収録。前半は1979年12/20、シカゴのSoundstageに”Chick Corea & Friends”として出演した際の映像です。Live Under The Skyでの熱演が語り草のBunny Brunelのベースプレイ、阿吽の呼吸とはこのことと感心させられるGary Burtonとのインタープレイ、Al JarreauとGayle Moran二人のヴォーカルをフィーチャーした「Spain」等、見所満載の1時間です。若干のノイズが断続的に発生しますが、時代を考えるならば十分すぎるほどの高画質・高音質による収録といえます。後半は1982年にホワイトハウスで開催された”All Star Jazz Concert”というイベントに出演した際のもので、Miroslav Vitous&Roy Haynesの最強リズムセクションに支えられてのピアノプレイはかなり楽しめる内容です。もちろん共演のStan Getzカルテット、ディジー・ガレスピー等の演奏も必見、スウィングジャズ・フュージョン両方面のファンに強くアピールする必見のレア映像集です。 (Chick Corea & Friends / "Soundstage", Chicago, IL, USA, 20th November 1979 01.Introduction 02.Spain (w/ AJ) 03.Hot News Blues (w/ AJ) 04.Intro>Children Song #2 & #6 (Chick & Gary) 05.The Duet Suite 06.Soft & Gentle (w/ Gayle) 07.Love Castle 08.My One & Only Love(w/ AJ) 09.Whispering(w/ AJ) 10.Chick solo/Crowd improv 11.Summertime (w/ AJ) Personnel; Chick Corea (keyboards), Bunny Brunel (bass), Tom Brechtlien (drums), Al Jarreau (vocals), Gary Burton (vibes), & Gayle Moran (vocal) モAll Star Jazz Concert at The White Houseモ, The White House, Washington DC, 5th December 1982 01.Introduction 02.Groovin High (Chick Corea Trio, Getz, & Gillespie) 03.Itzhak interviews Stan & Chick 04.Improv > Autumn Leaves > Rhythm A Ning (Chick Corea Trio) 05.Life Goes On (Diane Schuur) 06.Love Conqueurs All (Diane Schuur) 07.On the Up & Up (Stan Getz Quartet) 08.And then She Stopped (Chick Corea Trio, Gillespie & Faddis) 09.Summertime (Everyone including Itzhak) Personnel; <Chick Corea Trio> Chick Corea (piano), Miroslav Vitous (bass), Roy Haynes (drums) <Stan Getz Quartet> Stan Getz (saxophone), James McNeely (piano), Marc Johnson (bass), Adam Nussbaum (drums) <guest> Dizzy Gillespie (trumpet), Jon Faddis (trumpet), Diane Schuur (piano, vocal), Itzhak Perlman (violin)

Chick Corea Elektric Band /1986 Switzerland Tribal BlastG080412  4200Y (1DVDR)Scott Henderson在籍時、1986年4/25にスイスで開催されたBern  Jazz FestivalにおけるChick Corea Elektric  Band初期のステージを、極上画質&音質のマルチカメラ・プロショットにて収録したDVDが入荷。随所に盛り込まれた各人のソロパートはただただ圧巻 の一言、もはやお馴染みのDave  Wecklの人間離れしたドラムワーク、アコースティック・エレクトリック両刀で超絶プレイを見せつけてくれるJohn  Patitucci、そして一躍その名を世に知らしめた若き日のScott  Henderson(本当に若い!です)の超技巧&玄人好みのギタープレイ・・・もちろん音楽性も最高に素晴しいのですが、時としてちょっとしたサーカ スを見ているような気にすらさせられます。若き3人のメンバーを見つめるまだスリムなチックの表情も印象的、強烈な演奏を存分に見せつけるエレクトリッ ク・バンド最初期の貴重なライブを涙モノの極上クオリティで楽しめる最高のアイテムです。 Bern Jazz Festival, Bern,  Switzerland, 25th April 1986 1.King Cockroach 2.India Town 3.Chick's  Interview 4.Got A Match 5.Silver Temple 6.Yes My Dear 7.No Zone  Personnel; Chick Corea (Keyboards), Scott Henderson (Guitar), John  Patitucci (Bass), & Dave Weckl (Drums)

RETURN TO FOREVER /LIVE FROM THE SEVENTH GALAXY CROSSOVER C080328 5800Y/6090Y(2CDR) 70年代ジャズ・フュージョン・シーンに一大旋風を巻き起こしたスーパー・グループ、リターン・ トゥ・フォーエバー74年の貴重なサウンドボード・ライブ音源が登場!74年テキサス・オースティン公演を収録したものでチック・コリアの宙を舞うキー ボード・プレイ、アル・ディメオラの流麗なギター、スタンリー・クラークの超絶チョッパー・ベースそしてパワフルなドラミングのレニー・ホワイトといっ た史上最もロック的なアプローチの演奏が繰り広げられています。マイルス、マハヴィシュヌそしてウェザー・リポートに勝るとも劣らない絶頂期のライブを 極上サウンドボード音源でお届けします!注:3曲目の冒頭のバックグラウンドにかすかに関係無い音楽ノイズが流れてますがこれはマスタリング・ミスでは なくマスター・テープによる原因であることをご了承ください。 DISC ONE:01 Beyond the Seventh Galaxy/02 Vulcan Worlds/03 The Shadow of Lo/04 Song to the Pharoah Kings/05 New Spain DISC TWO:01 Celebration Suite/02 Beyond the Seventh Galaxy / Space Circus/ Beyond the Seventh Galaxy (reprise) Soundboard Live At Armadillo World HQ, Austin, TX September 1974

RETURN TO FOREVER Philly 1973 ?the lost Gadd era Rainbow Seeker G080222 3000Y/3150Y (1CDR) 新生Rainbow Seekerレーベル第1弾、Steve Gadd在籍時のReturn To Foreverの1973年フィラデルフィア公演を高音質のオーディエンス・マスターよりデジタル・リマスタリング収録。70〜80年代のJAZZ・フュージョン・シーンにおけるレア・ライブ音源を、最新のリマスタリング技術により現代に蘇らせることに焦点を絞った本レーベルの第1弾は、音源の稀少度・音質のアップグレード具合いともにその目的に恥じない素晴しい内容となっています。Steve GaddとMingo Lewisをバンドに迎えてごく僅かな期間のみの活動をおこなったRTFの“失われた記録”、オフィシャル録音は当然のことながら私家音源としても殆ど確認されていない大変貴重な時期の演奏を、マニア驚愕の高音質音源へと仕上げた必携のタイトル。その演奏内容も凄まじく、中でも殺気すら感じさせる若きガッドの叩きっぷりには(安易なユニゾン・プレイは走らないガッド節全開のドラムワークは秀逸、耳に馴染みのRTFの楽曲が全くの別モノに聴こえます!)ファンならずとも腰を抜かしてしまうことでしょう。「Sometime Ago」でフェードアウトとなっており、ステージの全貌を伝えるには至っていない点が惜しまれますが、内容の濃さ・音源の貴重さ・時代を感じさせないその音質には全く物足りなさ等感じないはずです! The Bijou Cafe, Philadelphia, PA, 1973 1.Captain Senour Mouse (12:08) 2.The Game Maker (08:16) 3.Bass Folk Song (08:50) 4.Spain (12:48) 5.Sometime Ago (fade out) (17:40) Personnel; Chick Corea (Electric Piano), Bill Conners (Guitar), Stanley Clarke (Acoustic & Electric Bass), Mingo Lewis (Percussion), & Steve Gadd (Drums)

Roy Haynes Quartet & Chick Corea Jazz Baltica Tribal Blast G080223 4200Y (1DVDR) Roy Haynes Quartetの2005年Jazz Balticaにおけるステージを2公演、合計2時間以上に亘り収録したDVDが入荷。前半がChick Coreaを迎えておこなわれた7/1のステージを捉えたもので、10年の歳月を経ての”Remembering Bud Powell”再演とも言うべき二人の掛け合いは見応え十分です。そして後半は6/29の同フェスに出演したRoy Haynes Quartetによる演奏で、ある意味こちらが本編とも呼べるような濃密な内容、即ちチャーリー・パーカーとの録音を現代のステージに蘇らせるかのような「Just One Of Those Things」で幕を開け、モンク、コルトレーンといったジャズ・ジャイアントからパット・メセニーまで、枚挙にいとまないビッグネームとの共演で飾ってきたRoy Haynesの半世紀を超えるキャリアを辿るかのような圧巻のステージとなっています。両編ともに放送用プロショット・マスターにデジタル・リマスタリングを施したオフィシャル級の極上クオリティなので、あらゆる世代のJAZZファンにオススメの素晴しい映像作品といえるでしょう。 JazzBaltica, Salzau, Germany, 1st July 2005 1.Like This 2.Question and Answer 3.Bud Powell* 4.Summer Night* 5.Oblivion* 6.Unknown Jam* 7.Straight No Chaser* Jazzbaltica, Salzau, Germany, 29th June 2005 1.Just One Of Those Things 2.Trinkle Twinkle (Theme) 3.My Heart Belongs To Daddy 4.You Don't Know What Love Is 5.James 6.Solar 7.Fee-Fi-Fo-Fum 8.Summer Night ◇Personnel; Roy Haynes (Drums), Marcus Strickland (Sax), John Sullivan (Bass), Martin Bejerano (Piano), & *Chick Corea (Piano)

RETURN TO FOREVER Seventies Tribal Blast G080223 4200Y (1DVDR) RETURN TO FOREVERの70年代プロショット映像を、全ソース過去最高のウルトラクオリティにて合計2時間に亘りコンパイルしたDVDが入荷。まず最初に、Herbie Hancockのステージとカップリング収録された1974年のPBS Soundstageでのライブを、マスタークオリティの高画質プロショットにて22分収録。加入後間もないAl Di Meolaの初々しいパフォーマンスを、驚異的に鮮明な映像でお楽しみいただけます。続いて定番の1976年OGWT映像を導入部より43分超、こちらも決定版と呼んで差し支えない素晴しい映像・音質にて収録。これまで出回っていた同日映像を全て不要にしてしまうほどの圧倒的な高画質・高音質、在籍2年間でのディメオラの成長ぶりには圧倒されます。続いて「Space Circus」の1曲のみですが、Bill Connors在籍時の1973年OGWT映像をオフィシャル級の極上クオリティにて収録。さらにもう2ソース、Bill Connors時のステージより1973年Musikladen映像の3曲と、最後にAl Di Meolaに交代後の1974年DKRC映像より2曲、こちらは「時代を考えるならば良好」といったレヴェルの画質ですが、放送用プロショットマスターより収録。 PBS Soundstage, Chicago, IL 1974 1.Beyond the Seventh Galaxy (Take 1) 2.Vulcan Worlds 3.Space Circus, Part 2 4.Beyond the Seventh Galaxy (Take 2)  "Old Grey Whistle Test", BBC Television Theatre, London, U.K. 1976 1.Medieval Overture 2.Sorceress 3.The Magician 4.The Romantic Warrior 5.Duel of the Jester and the Tyrant  Old Grey Whistle Test 1973 1.Space Circus  Musikladen 1973 1.Hymn Of The 7th Galaxy 2.After The Cosmic Rain 3.Space Circus  Don Kirshner's Rock Concert 1974 1.Vulcan Worlds 2.Space Circus ◇Personnel; Chick Corea (Keyboards), Al Di Meola (Electric Guitar), Stanley Clarke (Electric Bass), Lenny White (Drums), Bill Conners (Guitar)*OGWT 1973 & Musikladen 1973

RETURN TO FOREVER / LENOX 1973 MEGADISC B080208 3500Y/3675Y (1CDR) SBD  LIVE AT LENOX MUSIC INN 09/21/1973 1973年10月にリリースされた「Hymn Of The 7th Galaxy」直前の4人編成に変わった彼らのライブを、聴くことの出来る大変貴重なものです。8/6拍子で展開するチック・コリア、 ビル・コナーズのユニゾンが凄まじいThe Game Maker等、聴きどころ満載でファン必聴盤になります。 チック・コリアの長〜いお喋りはカットしてあります。CHICK COREA(el-p), BILL CONNERS(g), STANLEY CLARK(b), LENNY WHITE(dr) 1.The Hymn Of The Seventh Galaxy 2.Theme To The Mother Ship 3.Bass Folk Song 4.Children's Song #1 / Space Circus 5.Spain 6.Captain Senor Mouse 7.The Game Maker

RETURN TO FOREVER / BACK TO THE PREVIOUS CROSSOVER C080208 3000Y/3150Y(1CDR) 70年代からロック色の強いアプローチで人気のチック・コリア率いるジャズ・ロック集団リターン・トゥ・フォーエバーの貴重な73年ライブが登場。超絶テクニックのスタンリー・クラークのベース、パワフルなレニー・ホワイトのドラムスにギタリストはこの後アル・ディ・メオラと交代になるビル・コナーズ。この時のメンバーでのサウンドボード・ライブ音源は貴重です。プログレ志向の展開が繰り広げられる70年代ジャズ・ロックを代表するスーパー・グループリターン・トゥ・フォーエバーの歴史的な発掘音源!コレクター注目の初登場レア・ライブ音源です!! 1. The Hymn Of The Seventh Galaxy/2. Theme To The Mother Ship/3. Bass Folk Song/4. Children's Song #1 / Space Circus/5. Spain 6. Show Interuption/7. Captain Senor Mouse/8. The Game Maker Soundboard Live At Lenox Music Inn, Lenox, MA September 2nd 1973

RETURN TO FOREVER - LENOX 1973 D080208 Gravy Train 3800Y/3990Y (1CDR)  Live at Lenox Music Inn, Lenox, MA 2nd September 1973 STEREO SBD   今年再々結成されて大規模なツアーを行う、リターン・トゥ・フォーエヴァーの1973年9月2日レノックス公演(レニー・ホワイト加入直後)をステレオ・サウンドボードでコンプリート収録!(この4人編成のラインナップでは翌年3月のライヴ「Live Space Circus」が、コンプリートではありませんがリリースされています)極上のアンサンブルを、極上の音質で終始たっぷりと味わう事ができます。73年前半は、ドラムがスティーヴ・ガッド(Spainのキレたプレイが半端ではありませんでした)、ギターがビル・コナーズ、パーカッションがミンゴ・ルイスという編成(スタジオ・アルバムは残しておらず、3曲のみ収録の5月のジャズ・ワークショップでのサウンドボード音源、オフィシャルのベスト「Return To The 7th Galaxy」)でした。今回のアイテムは、10月リリース「Hymn Of The 7th Galaxy」直前の(6月〜9月にかけて、メンバー・チェンジ→レコーディング)5人編成から4人編成に変わった新生RTFを、リアルに体感できる大変貴重なものです。この時期だけにセット・リストがとにかく魅力的で、アルバムから6曲中5曲、SpainとChildren's Song以外は新曲のみというとても魅力的な内容になっており、もちろんアンサンブルも圧巻で、レニーの抜群のハイハット・ワーク(アイアート・モレイラとは全くアプローチが違ってます)、テンション・コードを多様したローズの絶妙な絡みが味わえるSpace Circus、ラテンパートでの完璧なユニゾン、鮮やかなリズム・チェンジ(スネアの頭打ちでの 後半での異常な盛り上がりが凄い)が堪らないCaptain Senor Mouse、8/6拍子で展開するChick Corea、Bill Connors驚異のユニゾンが凄まじいThe Game Maker等、本当に聴きどころ満載です!!ここまで終始テンションの高い、テクニカルなパフォーマンスは他ではそう味わえません。まさにフュージョン黄金期へ突入する第2期リターン・トゥ・フォーエヴァーの決定盤が、大好評Gravy Trainレーベルから登場です!    1. Hymn Of The Seventh Galaxy 2. Theme To The Mother Ship 3. Bass Folk Song   4. Children's Song #1 / Space Circus 5. Spain 6. Show Interruption   7. Captain Senor Mouse 8. Game Maker   Chick Corea - Fender Rhodes Piano  Stanley Clarke - Bass Bill Connors - Guitar  Lenny White - Drums   STEREO SOUNDBOARD RECORDING

RETURN TO FOREVER Lenox 1973 nvisible Works G080201 3000Y/3150Y (1CDR) Bill Connors在籍時のRETURN TO FOREVERの初登場サウンドボード音源が入荷。1973年9/2、マサチューセッツ州のLenoxでおこなわれたステージを、非常にクリアな音質のステレオ・サウンドボード・マスターよりデジタル・リマスタリング収録したものです。フェンダーローズとエレクトリック・ベースを大々的に再導入し、さらにはエレクトリック・ギターにBill Connorsを迎え入れたことにより、ロック・オリエンテッド路線を明確に打ち出すことに成功した“第2期RTF”の貴重なライブ。名盤『Hymn of the Seventh Galaxy』のストレートなサウンドそのままに展開される凄まじいステージは、ありきたりなロックを聴き飽きたロック・ファンにも強くアピールすることでしょう。表題曲で口火を切りアンコールの「Game Maker」まで一気に駆け抜けるゴリゴリのパフォーマンスには、70年代に入りいよいよ黄金期へと突入するフュージョン・ムーブメントの象徴的な一幕を目の当たりにする思いです。 Chick Corea (fender rhodes piano), Stanley Clarke (bass), Bill Connors (guitar), Lenny White (drums) ◆Lenox Music Inn, Lenox, MA, 2nd September 1973 1.Hymn Of The Seventh Galaxy  2.Theme To The Mothership  3.Bass Folk Song  4.Children's Song #1  5.Space Circus  6.Spain 7.interruption  8.Captain Senor Mouse  9.Game Maker

Chick Corea & Friends / Live in Germany 1992 = Philharmonie Am Gasteig, Munich, Germany, 14th July 1992 G071230 All Blues 4725Y (1CDR+1DVDR) SBD Chick Corea、Bob Berg、Eddie Gomez、Steve Gaddのカルテットがおこなった1992年夏の欧州ツアーより、7/14のミュンヘン公演を収録したCDRとDVDRのカップリングアイテムが入荷。CDRはFM放送用のステレオ・サウンドボード・マスターより、DVDRはTV放送用のプロショット・マスターより、ともにデジタル・リマスタリング収録したオフィシャル級極上クオリティの逸品です。フロントにBob Bergを据え、10年の歳月を超えて傑作「Three Quartets」組曲を再現してみせた、伝説的な92年のカルテットによるツアーの全貌を伝えてくれるマストアイテムです。Gomez & Gaddの安定感抜群のプレイと鬼気迫るソロ、Michael BreckerとBob Bergのプレイの聴き比べ等、全編がハイライトといっても過言ではない非常に充実したパフォーマンスを、磨きぬかれた最高のクオリティにて収録しています。 Chick Corea (piano) Bob Berg (tenor saxophone) Eddie Gomez (bass) & Steve Gadd (drums) CDR: 1.Humpty Dumpty 2.Waltz For Dave 3.That Old Feeling 4.Three Quartets No.1 5.Three Quartets No.2 6.Straight, No Chaser DVDR: "77min Pro-shot" 1.Humpty Dumpty 2.Waltz For Dave 3.That Old Feeling 4.Three Quartets No.1 5.Three Quartets No.2 6.Straight, No Chaser (incomplete)

CHICK COREA / Live Under The Sky 1980 = Live Under The Sky 1980 "Chick Corea Night" Denen Colosseum, Tokyo, Japan, 26th July 1980 G071018 Our Prayer 3000Y/3150Y (1CDR) SBD 1980年Live Under The Skyのステージより、7/26田園コロシアムにおけるChick Coreaバンドのパフォーマンスを、放送用マスターを使用した完璧なステレオ分離の高音質サウンドボード録音にて収録。Chick Coreaにとっては毎年恒例となっていたLive Under The Skyへの出演ですが、この1980年のステージではSteve Kujaraを始めとしたお馴染みのメンバーによる『Secret Agent』収録の「Central Park」、そして初期RTFにとっては涙モノのGayle Moranのヴォーカル入りの「Spain」を聴くことが出来るというのが大変ユニークな点といえるでしょう。また、前年に続きChick Corea Night参加となったBunny Brunelのベース・プレイも随処に大フィーチャーされておりこちらもファン必聴です。 Chick Corea (keyboards) Steve Kujara (saxophone) Gayle Moran (vocal) Al Vizzutti (trumpet) Bunny Brunel (bass) Tom Brechtlein (drums) & Don Alias (percussion) 1.band introduction 2.Night Street 3.Central Park 4.Spain

CHICK COREA ELEKTRIC BAND / BERN APRIL 25, 1986 = Internationales Jazzfestival Bern, Bern, Switzerland April 25, 1986 Excellent Professional Shot 80mins C071010 BLUE-U 4200Y (1DVDR) チック・コリアが85年に結成したエレクトリック・バンドのステージを待望のプロショットで収録したファン屈指のアイテム!!超電化ハイテク・バンドとして、当時最高のブームであったフュージョン界に多大な影響を与えたバンドのステージを最高の画質 / 音質で楽しめます。貴重なインタビューも収録。 King Cockroach - India Town / Got A Match? / Silver Temple / Yes, My Dear / No Zone

RETURN TO FOREVER / WARRIOR IN NY = LIVE AT HEMPSTEAD, NY NOVEMBER 22, 1975 B070928 MEGA DISC 5880Y (2CDR) SBD オフィシャル並の超高音質で収録された1975年のNY公演!絶頂期の1975年ライブをここまで良い音質で収録したブートは過去リリースされた事がなくメンバーのソロ・パートの卓越した超絶テクニックは圧巻の連続で聴き応えもタップリで興奮します! CHICK COREA (keyb) AL DiMEOLA (g) STANLEY CLARK (b) LENNY WHITE (dr) Disc 1: 1.VULCAN WORLD 2.MEMBER INTRODUNCTION 3.SHADOW OF LO 4.ROMANTIC WARRIOR Disc 2: 1.CHICK SOLO / LA FIESTA 2.AL GUITAR SOLO 3.STANLEY BASS SOLO 4.LENNY DRUMS SOLO

Chick Corea & Gary Burton / Conversation Like Crystal = Jazz Baltica, Germany, 28th June 2007 + Montreux Jazz Festival, Switzerland, 9th July 2007 G070803 All Blues 5250Y (2CDR) SBD Chick CoreaとGary Burtonによるデュオの2007年最新ライブが、極上のステレオ・サウンドボード録音で登場。07年6/28、ドイツでおこなわれたJazz Balticaでのステージと、7/9のMontreux Jazz Festivalでのステージを、ともに放送用マスターにデジタル・リマスタリングを施したオフィシャル級の高音質にて収録しています。メインとなるJazz Balticaのステージでは、「Bud Powell」「Crystal Silence」等このデュオではお馴染みの楽曲群に加えて、チックの『Touchstone』収録の佳曲「Duende」、そしてGeorge Gershwinの名曲「I Loves You, Porgy」(放送の関係から出だしがフェードインとなっています)、さらにはこれまた名曲Steve Swallowの「Falling Grace」といったナンバーが、2部構成のステージならではの豪華な内容で1時間半に亘り演奏されています。追加収録のモントルーのステージも、ラスト「Bolivian Baloos」まで息のあった白熱の競演となっており必聴。モントルー公演で、バートンの高音が若干割れ気味となる箇所がありますが、それ以外は全編オフィシャル級の極上音質となっています。 Disc 1: "Jazz Baltica, Germany, 28th June 2007 - 1st set" 01.Love Castle 02.Native Sense 03.Duende 04.Bud Powell 05.No Mystery 06.I Loves You, Porgy (fade in) "2nd set" 07.Falling Grace 08.Brazilia 09.Burton talks about duet 10.Alegria Disc 2: 01.Crystal Silence 02.Senor Mouse 03.Armando's Rhumba 04.Four In One "Montreux Jazz Festival, Switzerland, 9th July 2007" 05.Bud Powell 06.No Mystery 07.Four In One 08.Crystal Silence 09.Senor Mouse 10.Bolivian Baloos (fade out)

RETURN TO FOREVER / Musikladen 1974 POLYDORFJAZZ GROUP 4775Y (1DVD/digipack) "Germany 1974 Musikladen 1.Hymn Of The 7th Galaxy 2.After The Cosmic Rain 3.Some Time Ago 4.Bass Folksong 5.Space Circus Chick Corea + bonus (Key) ,Stanley Clark (Bass), Lenny White (Dr), Bill Conners (Guitar) - Bonus Track - Soundstage Chicago 1974 Chicago (with Herbie Hancock) Chick Corea (Key), Stanley Clark (Bass), Lenny White (Dr), Al Dimeola (Guitar)

Chick Corea & Gary Burton / La Fiesta In Tokyo 1981 = Live in Tokyo 1981 G070627 All Blues 3000Y/3150Y (1CDR) SBD Chick CoreaとGary Burtonの1981年東京公演が、デジタルリマスタリングの施されたステレオ・サウンドボード録音で登場。テレビ放送もされたことがあるこの日のライブですが、本アイテムはオリジナルのラジオ放送用のマスターを用いており、映像では割愛されていた「Isfahan」等、全7曲を70分以上に亘り高音質収録しています。「Bud Powell」で幕を開け、Gary Burtonとのデュオ用に改めて編曲された「Children's Song」、チックファンにはお馴染みの「Senor Mouse」、それぞれのソロタイムを経て「Crystal Silence」から「La Fiesta」で閉めとなる聴き所満載の完璧なセットリスト。時としてチックが提示する難解にアレンジされたリズム上で、いともたやすく珠玉のメロディを次々と紡ぎ出してみせるGary Burton。『Crystal Silence』での共演から10年余り、『Duet』『In Concert, Zurich』等数々の名演を果たしてきた二人の巨匠による東京公演は、かくも素晴しいものであったということが再確認できる必聴のタイトルです。 1.Bud Powell 2.Children's Songs (No.1, 2, 15, 9, 10, 11, 6) 3.Senor Mouse 4.I'm Your Pal - Hullo, Bolinas (Gary Burton solo) 5.Isfahan (Chick Corea solo) 6.Crystal Silence 7.La Fiesta

Chick Corea And Paco De Lucia / You See The True Worth = Touchstone Concert in Japan 1982 G070420 Hannibal 5775Y (2CD) SBD ファン驚愕の発掘音源!1982年『Touchstone』発表後、Paco de Luciaをゲストに行われた来日公演が高音質ステレオ・サウンドボード、プレス2CDで初登場!70年代後半、若きフラメンコギターの巨匠Paco De Luciaを、当時のJazz/Fusionシーンを牽引するAl Di Meola、John McLaughlinといったギタリスト達と引き合わせる水先案内の役割を果たしたChick Corea。彼が1981年田園コロシアムでおこなわれたLive Under The Skyでパコ率いるセクステットのステージにゲスト参加し、そこでのラテンフレーヴァー全開のテンションそのままに翌82年制作されたのが前述の隠れ名盤『Touchstone』です。そして同年末に、短期間ながらPaco De Luciaをゲストにツアーが行われており、その中の貴重な日本公演の模様を収録したのが本作となります。入念なリマスタリングにより、時代を感じさせないクリアな音質と適度にふくよかな中低音域を実現、この時期のPaco De Luciaのギターの音色がここまで生々しく記録された音源は他に無いと断言できる高音質盤です。演奏内容の方も素晴らしく、Paco De Luciaのソロギターで幕を開け、『Touchstone』収録の佳曲の数々、チックのスパイスが効いたダイナミックなアレンジの「Chiquito」、「Children’s Song No3」等のチックのソロピアノ、この日のハイライトと言っても差し支えないであろう「Touchstone Suite」の全編演奏、そしてスペインの至宝が奏でるアランフェスのアダージョから怒涛の如くなだれこむラスト「スペイン」まで、ただただ我を忘れて聴き入るのみです。音響集団Hannibalプロデュースのプレスタイトル第1弾。 BAND: Chick Corea (Piano), Steve Kujala (Flute), Carlos Benavent (Bass), Don Alias (Percussion), Tom Brechtlein (Drums), and Paco De Lucia (Guitar) DISC 1: 1.Gitanos Andaluces 2.Monasterio De Sal 3.Dance Of Chance (Fade Out) 4.Dance Of Chance (fade in) 5.Chiquito DISC 2: 1.Piano Solo 2.Duende 3.Children's Song No.3 - Piano & Flute Duo 4.Touchstone Suite: Procession - Ceremony - Departure 5.Concierto De Aranjuez (Adagio) - Spain

Chick Corea Acoustic Band with John McLaughlin / France 1991 = Jazz Festival, Vienne, France, 11th July 1991 G070409 All Blues 5250Y (2CDR) チック・コリア・アコースティックバンド1991年7/11のフランスでのライブをディスク2枚に収録。トレーダー間で出回っている同日の音源とは一線を画すハイ・クオリティなマスターに丁寧なデジタル・リマスタリングが施されており、ヒスノイズ・クリップノイズが格段に減少、各パートの輪郭が鮮明になったステレオ感抜群のサウンドとなっています。お馴染みアコースティックバンドの若々しい演奏は必聴、そして本タイトルもうひとつの聴き所がDISC 2の最後に収められた"マハヴィシュヌ"マクラフリンとチックのデュオによる2曲です。マイルス門下生の中でも"エキゾチック"という形容がもっとも似合う異才二人によるデュオとしては1981年のステージ等が有名ですが、この日はマクラフリンが飛び入り参加して「All Blues」「Straight No Chaser」の2曲を演奏しています。「Autumn Leaves」が5:46でフェード・アウト、「All Blues」の冒頭数秒でフェード・イン、「Straight No Chaser」が6:43フェード・アウトとなっている点が惜しまれますが、オフィシャル級の極上サウンドなので存分にお楽しみいただけると思います。 Disc 1: 1.Chasin' The Trane 2.Summer Night 3.Humpty Dumpty 4.'Round Midnight 5.Rythmn A Ning DISC 2: 1.Solo Piano Improvisation 2.Quartet No 2 Part 2 3.Autumn Leaves 4.All Blues* 5.Straight No Chaser* "*with John McLaughlin"

Chick Corea / Acoustic & Touchstone 2004 = Barbican, London, England, 6th July 2004 G070401 All Blues 3000Y/3150Y (1CDR) SBD チック・コリアのファン、とりわけアコースティック路線で顕著に展開されるチックの、繊細かつカラフルで叙情的なサウンドに惹かれる向きには必携の音源です。録音は2004年7/6ロンドン、前半3曲はお馴染みのアコースティックバンド、そして後半3曲はTouchstone名義での演奏で、ともにオフィシャル級の極上ステレオ・サウンドボード音源、合計78分に渡って収録しています。アコースティックバンドはBassにJohn Patitucci、DrumsにDave Wecklという黄金のトリオ編成で、長いキャリアが凝縮した説明不要の名演です。一方、後半の3曲はJorge Pardo (Sax/Flute)、Carles Benavent (Bass)、Tom Brechtlein (Drums)、Rubem Dantas (Percussion)というパコ・デ・ルシア人脈のバンドメンバーで構成されたTouchstoneでの演奏。1982年のレコーディングから20年以上の歳月を経て再始動した幻のプロジェクト、アコースティックの鮮やかなサウンド・イメージと、フラメンコを基調とするリズミカルなアレンジが21世紀を迎えても全く色褪せることなく、むしろ飽和状態のJazzサウンドの新境地を開拓していると言っても過言ではない素晴らしいライブです。 1. Humpty Dumpty 2. But Beautiful 3. Morning Sprite 4. Touchstone 5. Alan Corday 6. Rhumba Flamenco

RETURN TO FOREVER / PHILADELPHIA 1973 = LIVE AT THE BIJOU CAFE, PHILADELPHIA 1973 B070320 MEGA DISC 3600Y/3780Y (1CDR) メチャ貴重な1973年、スティーブ・ガッド在籍時のライブ。過去、すべての音源はドラムがレニー・ホワイトであることを考えれば今回は奇跡のリリースになります!音質も今から34年前のテープからとは思えない良好な音質で収録されています。 1.CAPTAIN SENOUR MOUSE 2.THE GAME MAKER 3.BASS FOLK SONG 4.SPAIN 5.SOMETME AGO CHICK COREA (El-p) BILL CONNERS (G) STANLEY CLARK (B) MINGO LEWIS (Perc) STEVE GADD (Dr)

Chick Corea Elektrik Band II / Bremen, Dec. 5th. 1994 SBK-3208 (1CDR) SBD

Chick Corea & Friends / That Old Friend = Estival Jazz, Piazza Della Riforma, Lugano, Switzerland, 3rd July 1992 M061110 SLANG 3500Y/3675Y (1CDR) SBD Chick Corea、Bob Berg、Eddie Gomez、Steve Gadd。ジャズ・フュージョン界の巨匠4人によりおこなわれた1992年の非常に貴重なヨーロッパ・ツアーより、7/3のEstival Jazz出演時のステージがオフィシャル級の極上音質ステレオ・サウンドボード収録で登場。冒頭「Humpty Dumpty」、お馴染みチックのソロ・ピアノによる静かな出だしに故ボブ・バーグの艶やかなサックス・トーン、そしてエディー・ゴメス&スティーブ・ガッドのManhattan Jazz Quintet、あるいはGadd Gangさながらの強力無比なリズムセクションが有機的に絡み合うこの数分間だけで失神モノです。全編気心の知れた4人による"言葉は不要"のインタープレイの応酬、ビジネスライクな予定調和的演奏とはかけ離れた奇跡的なテンションの熱演を切り取った全ファン必聴のドキュメントです。 Chick Corea - piano, Bob Berg - tenor saxophone, Eddie Gomez - double bass, Steve Gadd - drums 1. Humpty Dumpty 2. Waltz For Dave 3. That Old Feeling 4. Round About Midnight 5. Sicily 6. Straight No Chaser

RETURN TO FOREVER / LONDON 1976 = LIVE AT LONDON 1976 PRO-SHOT B060714 MEGA VISION 4725Y (1DVDR) アルバム「ROMANTIC WARRIOR」リリース直後のBBCでのライブです。見所も満載で画質的にも問題ない必見のアイテムです!RETURN TO FOREVERのコレクションに外せないアイテム。 1. Medievel Overture 2. Souceress 3. Magician 4. Duel Of The Jester And The Tyrant Chick Corea (Keyboards) Al Dimeora (Guitar) Lenny White (Drums) Stanley Clarke (Bass)

Chick Corea Elektric Band / In Estival Jazz 2003 = DVDR: Estival Jazz, Piazza della Riforma, Lugano, 11th July 2003 M060515 SLANG 5775Y (1CDR+1DVDR) 2003年7/11、恒例のEstival Jazzに出演したチック・コリア・エレクトリックバンドのステージの模様が音源+映像で登場、ともに放送用マスターを使用した極上クオリティで、CDのほうが「Rumble」1曲多い収録となっています。多忙のJohn Patitucciの代役にMike Popeがベースで参加している以外は来日公演等でもお馴染みの布陣です。一糸乱れぬ完璧な演奏をオフィシャル級のハイ・クオリティでご堪能下さい。 Chick Corea: keyboards / Eric Marienthal: saxophone / Frank Gambale: electric guitar / Michael Pope: bass / Dave Weckl: drums CD: <STEREO SOUNDBOARD RECORDING> 1. Rumble 2. Trance Dance 3. C.T.A. 4. Blue Miles 5. Got a Match 6. Spain DVDR: <74min. Pro-shot / NTSC format / All Regions> 1. Trance Dance 2. C.T.A. 3. Blue Miles 4. Got A Match 5. Spain

RETURN TO FOREVER / Music Laden 1974 = "German's Music Laden 1974" Featuring: Chickcorea, Stanley Clarke, Lenny White & Bill Connors Bonus Track: Soundstage 1974, Chicago Featuring Al Dimeola On Guitar 060417 Porydorf 4200Y (1DVD digipack) RETURN TO FOREVER "CRYSTAL CRECRESCENT"が装いも新たにデジパック仕様、プレスDVDアイテムとして海外より緊急入荷しました!!デジパック仕様、プレスDVDアイテムということでこのタイトルの決定版になること間違いありません。彼らの転機となった74年の映像がこれ一本で堪能出来る定番アイテムです。 01 Hymn Of The Seventh Galaxy 02 After The Cosmic Rain 03 Sometime Ago 04 Bass Folksong 05 Space Circus

CHICK COREA & HERBIE HANCOCK / PBS SOUNDSTAGE 1974 = LIVE AT CHICAGO 1974 B060204 MEGA VISION 4725Y (1DVDR) 驚異のクオリティーで登場した「PBS サウンドステージ 1974」のライブ映像です!ビデオ時代からこのライブ映像が出回っていましたが、あまりに酷い画質でお嘆きのマニアも多かったはず。今回、入荷した映像は32年前の映像とは思えない程美しい画質です!是非、ご覧になって感激して下さい!!! 1.Beyond the Seventh Galaxy (take 1) 2.Vulcan Worlds 3.Rumble in the Beginning 4.Beyond the Seventh Galaxy (take 2) 5.Butterfly 6.Interlude 7.Chameleon 8.Someday My Prince Will Come (DUET) CHICK COREA & RETURN TO FOREVER: Chick Corea (el-p), Stanley Clarke (b), Al DiMeola (g), Lenny White (ds) HERBIE HANCOCK & THE HEADHUNTERS: Herbie Hancock (keyb), Mike Clarke (ds), Paul Jackson (b), Bennie Maupin (ts), Bill Summers (perc)

RETURN TO FOREVER Featuring Chick Corea + Herbie Hancock & The Headhunters / Soundstage 1974 = Pro 58min 60119 Footstomp 4200Y (1DVDR) チックコリアのリターントゥフォーエヴァーとハービーハンコックのヘッドハンターズ夢の競演ライヴ!特にヘッドハンターズはファーストアルバムリリース直後ということで、なんとあの、"カメレオン"の生演奏が見られます!!これはファンク、ブレイクビートファンも絶対に見たい、見なければならない必見の映像でしょう。そしてエンディングにはバンドマスター2人によるまさかの競演でマイルスデイヴィスで有名な"サムデイ〜"をしっとりとプレイ。ジャズ、フュージョン〜ソウル、ファンクファン必携のキラーアイテムです。 "Return To Forever Featuring Chick Corea" 01. Beyond The Seventh Galaxy 02. Vulcan Worlds 03. Space Circus Pt. 1 04. Space Circus Pt. 2 Herbie Hancock & The Headhunters 05. Butterfly 06. Afro Introduction ミ Chameleon Chick Corea With Herbie Hancock Piano / Key Duo 07. Someday My Prince Will Come

RETURN TO FOREVER / Crystal Crescent = Germany 1974 Musikladen / Soundstage Chicago 1974 (with Herbie Hancock) NTSC, 100min 60119 4200Y (1DVDR) RETURN TO FOREVER出演映像で定番の74年ドイツのTVプログラム「Musikladen」が初DVD化作品!内容についてはもはや説明不要の「カモメ」以降急激にエレクトリック色を強め(一部のファンはとまどいを見せていたものの)ますます前衛的になりプログレ・ジャズロックとも言える内容になってきています。彼らの転機となった74年の映像がこれ一本で堪能出来る良質アイテムです。 "Germany 1974 Musikladen / Soundstage Chicago 1974 (with Herbie Hancock)" 1.Hymn Of The 7th Galaxy 2.After The Cosmic Rain 3.Some Time Ago 4.Bass Folksong 5.Space Circus Chick Corea (Key) ,Stanley Clark (Bass), Lenny White (Dr), Bill Conners (Guitar) - Bonus Track - Soundstage Chicago 1974 (with Herbie Hancock) Chick Corea (Key), Stanley Clark (Bass), Lenny White (Dr), Al Dimeola (Guitar)

Chick Corea Elektric Band / Montreux Jazz Festival 2004 = Live At Casino Barriere, Montreux, Switzerland, 15th July 2004 M051126 SLANG 3500Y/3675Y (1CDR) SBD 2004年7月15日、モントルー・ジャズ・フェスにおけるステージをオフィシャル級の完璧な音質のステレオ・サウンドボード録音にて収録。この日の演奏内容の素晴らしさは、既発の米国版DVDで確認済みのファンの方も多いかとは思いますが、SLANGレーベルならではの高品質マスターを使用した本作は、RTF直系のエレクトリック・サウンドを渇望する向きには最高のリリースといえるでしょう。フランク・ギャンバレを始めとする各人の超絶プレーは、2005年の来日公演の記憶を鮮明に呼び起こさせるもの、また惜しくも来日を果たせなかったパティトゥッチのプレイも必聴でしょう。 Chick Corea ミ keyboards, Eric Marienthal ミ saxophone, Frank Gambale ミ guitar, John Patitucci - bass, Dave Weckl ミ drums 1. Johnny's Landing 2. Alan Corday 3. Got A Match 4.Spain

RETURN TO FOREVER / NEW YORK 1983 = The Palladium, NY, 2nd April 1983 M050916 SLANG 5880Y (2CDR) 1983年4月2日ニューヨークでのライブを極上のオーディエンス録音にて収録。再結成ツアー音源の中でも最高の音質ではないでしょうか!?全盛期のメンバー、アルディメオラ、スタンリークラーク、レニーホワイトが一同に会したまさかの再結成ライブが登場。当時、このメンバーでの伝説のライブが読売イーストで行われたこともでもおなじみです。とにかく最高のテクニックでメロディアスなジャズロックを聞かせてくれます。ジャズファンだけでなくロックフアンからもリスペクトされている彼らの超絶な演奏をたっぷりとたのしんでほしい1枚!!Keyboards - Chick Corea Guitar - Al DiMeola Bass - Stanley Clarke Drums - Lenny White Disc 1: 1. The Overture 2. Caprice 3. The Phantom 4. Tuning and Introduction (Lenny White) 5. No Mystery Disc 2: 1. Romantic Warrior 2. Tuning and Introduction (Stanley Clarke) 3. Duel Of The Jester And The Tyrant 4. Song To The Pharaoh Kings 5. Return To The Seventh Galaxy

Chick Corea, Vitous, Roy Haynes / yomiuriland, Tokyo, 7/31/83 SBK-3188 (1CDR) SBD

CHICK COREA / LIVE UNDER THE SKY '80 F0500831 3500y/3675y (1CD-R) 当時、FM番組で放送された1980年7月26日の田園コロシアム公演を収録。チックがメンバー紹介で自らをHerbie Hancockと名乗るなど、ユーモラスな一面を覗かせています・・・・・。 DISC 1 Chick Corea(Keyboards) 1.Night Streets Steve Kujara(T.Sax) 2.Central Park Al Vizzutti(Trumpet) 3.Spain Bunny Brunel(Bass) Tom Brechtlein(Drums) Live At The Denen Colosseum Don Alias(Percussions) Tokyo,Japan Gayle Moran(Voices) July 26,1980 STERO SOUND BOARD CRESCENT006

RETURN TO FOREVER / Return To 1975 = Konserthuset, Gothenburg, Sweden 1975 M050702 SLANG 5880Y (2CDR) ディメオラ加入後の2作目『No Mystery』リリース時、1975年スウェーデンでのレアライブがSLANGレーベルより登場。放送用マスターを使用した高音質サウンドボード音源、デジタル・リマスタリングによるハイクオリティ・サウンドを実現しています。加入当初に比べると、曲によってはバンド内でのイニシアティブをとれるようになってきた(もちろんそれはチックの後押しあってのものですが)ディメオラの成長ぶりはファン必聴です。アコースティック・サウンドを意欲的に盛り込んだ『No Mystery』の方向性そのままに展開される後半部のアコースティック・セットでは、各人が思う存分にソロを展開しておりこちらも聴きものです。 Chick Corea - keyboards Al Di Meola - guitar Stanley Clarke - bass Lenny White - drums Disc 1: 1. Beyond The Seventh Galaxy 2. Shadow Of Lo 3. Band Introduction 4. Dayride 5. Celebration Suite, Pt 1 6. Celebration Suite, Pt 2 7. Space Circus 8. Beyond The Seventh Galaxy, reprise Disc 2: 1. Introduction To The Acoustic Set 2. Chick Corea solo 3. Al Di Meola solo 4. Stanley Clarke solo 5. Lenny White solo

RETURN TO FOREVER / LIVE IN ELGIN APRIL 1975 = Blue Moon Ballroom, Elgin, Illinois April 9, 1975 excellent soundboard stereo C050629 OG☆YOU 5800Y/6090Y (2CDR) SBD Dayride / Beyond The Seventh Galaxy / Sofistifunk / The Shadow Of Lo / Song To The Pharoah Kings / Improvisaton - Celebration Suite "Blue Moon Ballroom, Elgin, Illinois April 18, 1975 excellent soundboard stereo" Space Circus / Vulcan Worlds / Celebration Suite Stanley Clarke - bass Chick Corea - keyboards Al DiMeola - guitars Lenny White - drums Al DiMeolaが加わって2枚目のアルバム『No Mystery』をリリースした 1975年、4月に米イリノイ州エルジンに於て収録された2種のサウンドボード音源をカップリングしたアイテムです。4人の天才プレイヤー達による超絶技巧炸裂のハードな重量級クロスオーヴァー・サウンドを、たっぷりと心ゆくまで堪能することができます。時にハード・ロックやプログレを想起させる、軟弱なフュージョンとは完全に一線を画する、凄まじいライヴ・パフォーマンスです。

Chick Corea Acoustic Band / Minneapolis, 1991 = Guthrie Theater, Minneapolis, MN, USA. 23rd March 1991 M050616 SLANG 5880Y (2CDR) SBD 1991年3/23、ミネアポリスでのChick Coreaアコースティックバンドのステージを極上のサウンドボ ード収録。同年発表の『Alive』を多分に意識したセットですが、録音から2年が経っていることもあり、全編オフィシャルとは一味違ったアプローチとなっています。得意のリディアン・モードの絨毯でヴォイシングしていくチックと、阿吽の呼吸でそれを支えていくDave Weckl、John Patitucci。ジャズ・スタンダーズに新たな息吹を与える最高のピアノトリオのステージを高音質で堪能できる必聴盤です。 Chick Corea - Piano Dave Weckl - Drums John Patitucci - Acoustic Bass Disc 1: (First Set) 1. Introduction of the Band 2. On Green Dolphin Street 3. How Deep Is The Ocean 4. Sophisticated Lady 5. Morning Sprite Disc 2: (Second Set) 1. Humpty Dumpty 2. 'Round Midnight 3. Hackensack 4. Unknown 5. Autumn Leaves

Chick Corea / Live Under The Sky 1979, Chick Corea Night = Den-en Colosseum, Tokyo, Japan, 27th July 1979 M050326 SLANG 5880Y (2CDR) SBD 1979年7月27日、田園コロシアムでおこなわれたLive Under The Sky 1979でのChick Corea、Al Di Meola、Tony Williams、Bunny Brunelという豪華ラインナップのステージをオフィシャル級のステレオ・サウンドボード録音にて収録。ディメオラの記念すべき初来日ステージということで観客の反応は凄まじいものがあります、また意外と接点の少ないブルネルとの共演ということでも必聴でしょう。本公演限りの企画ライブということもあってか、入念なリハーサルなどは行われなかった模様で、ジャムセッション的な自由な雰囲気の中ステージは進行していき、次第に演奏がまとまっていくのも大変興味深いところです。チック&ディメオラ師弟の奏でる「アランフェス協奏曲」からなだれこむ「Spain」も、トニー&ブルネルというリズム隊ならではの解釈で、RTFバージョンとは一味違った仕上がりとなっています。 Chick Corea - Electirc & Acoustic Piano , Keyboards Al Di Meola - Electric & Acoustic Guitar Tony Williams ミ Drums Bunny Brunel - Electric Bass Disc 1: 1.Night Street 2.Chick Corea Solo 3.Al Di Meola Solo (- Mediterranean sundance - Viva la Danzarina - Fantasia Suite - Splendido Sundance ) - Isfahan 4.All Blues Disc 2: 1.Senor Mouse 2.Para Oriente 3.Spain

CHICK COREA TRIO / LA JOLLA SUMMER FESTIVAL = Live at the La Jolla Summer Festival Copley Symphony Hall San Diego, California 17. August 2004 B050324 AMIGO 5880Y (2CDR) SBD チック・コリア・トリオの2004年San Diego, La Jolla Summer Fesでの最新ライブの登場です。音質は放送音源からの収録で文句なく抜群のクオリティ!!落ち着いて成熟した演奏の中に激しいパーカッションが絡みつくラテンフレイバーは勿論健在で、その中をコリアの卓越したピアノが走りぬける様はサンタナのラテンテイストとはまた違う趣で聞き惚れてしまいます。時折、名曲「spain」を思わせる情熱的なフレーズも演奏され観客を沸かせます。昔のこれぞラテンフュージョンと言わしめた頃よりもいっそうJAZZ色を強め様々な演奏手法を取り入れたTRIOの成熟した演奏はまさに秀逸といえるでしょう。透明感のあるピアノの旋律と超絶技巧を難なくこなすパーカッションのグルーヴ感とが交感するライブは必聴です。 Disc 1: 1. Opening / Band Introduction 2. It Could Happen To You 3. Eternal Child 4. Dignity 5. My Fiesta / Malaguena Disc 2: 1. Fingerprints 2. But Beautiful 3. Anna's Tango 4. Rumba Flamenca Chick Corea (yamaha concert grand piano) John Benitez (standup and electric bass) Tom Brechtlein (drums)

Rite of Strings (Ponty, Clark, Di Meola)/ 1994 North Sea jazz fes. SBK-3135 (1CDR) SBD

Chick Corea / SUMMER JAM, w/ AL DiMEOLA, TONY WILLIAMS, BUNNY BRUNEL SBK-3141A/B (2CDR) SBD

RETURN TO FOREVER / CRYSATL CRESCENT = Germany 1974 Musikladen / Soundstage Chicago 1974 (with Herbie Hancock) NTSC 100min 41207 4200Y (1DVDR) RETURN TO FOREVER出演映像で定番の74年ドイツのTVプログラム「Musikladen」が過去最大級のオフィシャル級極上クオリティで初DVD化!音質・画質共に決定版と言い切れる今作は是非実際に見て判断して頂きたいタイトルです。内容についてはもはや説明不要の「カモメ」以降急激にエレクトリック色を強め(一部のファンはとまどいを見せていたものの)ますます前衛的になりプログレ・ジャズロックとも言える内容になってきています。ボーナス映像として同年に出演したアメリカの番組「SOUNDSTAGE」に出演時の模様も収録。ここではメンバーにAl Dimeolaが参加しているのが最大のポイントです。当時はまだ無名で実質的なデビュー直後ながらまったく動じることの無い堂々とした姿はこの後の大成を予感させます。さらになんと同時に放映されたHerbie Hancockの出演パートも完全収録しています。彼らの転機となった74年の映像がこれ一本で堪能出来る良質アイテムです。 1.Hymn Of The 7th Galaxy 2.After The Cosmic Rain 3.Some Time Ago 4.Bass Folksong 5.Space Circus Bonus Track: SOUNDSTAGE CHICAGO 1974 (with Herbie Hancock) Chick Corea (Key), Stanley Clark (Bass), Lenny White (Dr),,Al Dimeola (Guitar) MEMBER: Chick Corea (Key) ,Stanley Clark (Bass),Lenny White (Dr), Bill Conners (Guitar)

SBK-3120 RETURN TO FOREVER / STOCKHOLM, STOCKHOLM (SWEDEN), 13/03/1976 (1CDR) SBD

SBK-3121 RETURN TO FOREVER / BRUSSELS 76 (ULTRA RARE), BRUSSELS (BELGIUM), MARCH 1976 (2CDR)

CHICK COREA / JAZZ GIPFEL 1992 = Live at Jazz Gipfel, Suttugart, Germany, 1992 B040916 MEGA VISION 5775Y (1DVDR)

RETURN TO FOREVER / LA FIESTA IN WEST GERMANY 1972 = Live In Hamburgh, West Germany September 15, 1972 40720 BE TWISTED 3200Y/3360Y (1CD) SBD c. まさにORIGINAL RETURN TO FOREVER!!の貴重な音源の登場です。CHICK COREA率いるRETUN TO FOREVERの、しかもオリジナルメンバー!!による、永遠の名盤「カモメ」の発表直後の1972年9月15日ドイツ公演をマスターテープからの音源による高音質サウンドボード盤で、完全未発表の初プレスCDリリースです!とにかくこのオリジナルメンバーでの活動時期はとても短かく、数えられる程しかライブを行っていないので、今作は本当に貴重です!当然「カモメ」路線を再現したステージで、ブラジリアン・テイスト、カリプソ等、雑多で芳醇な香りに溢れたこの時期、このメンバーでしか出せない音です! 1.Capatin Marvel 2.Light As A Feather - unknown 3.Sometime Ago - La Fiesta ミ Sometime Ago "MEMBER" Chick Corea (elp.p) Joe Farrell (ss,fl) Stanley Clarke (b,double-b) Airto Moreiia (ds,per)

RETURN TO FOREVER / THE ROMANTIC MYSTERY RED CIRCLE C020417B 4000Y (CDR) SBD = 1.DAYRIDE 2.SHADOW OF LO 3.NO MYSTERY 4.CELEBRATION SUITE 5.VULCAN WARLD 6.SPACE CIRCUS TRACK 1-5:LIVE AT NEW YORK 1975 : TRACK 6:LIVE AT BLUEMOON ROOM.CHICAGO APRIL/9/1975

RETURN TO FOREVER / N.Y. 1974= HOBERT COLLAGE C990712B OTHERS 3500Y SB

SBK-3055 RETURN TO FOREVER - 08/09/1974 (1CDR) SBD Ebbotts Field Denver, CO USA 1 Return to the Seventh Galaxy 2 Vulcan Worlds 3 The Shadow of Lo 4 Chick Corea Solo 5 Al DiMeola Solo 6 Stanley Clarke Solo 7 Lenny White Solo 8 Song to the Pharoah Kings

SBK-3056 RETURN TO FOREVER - April 1975 (1CDR) Trod Nossel Studios Wallingford, CT USA 01. Beyond the Seventh Galaxy 02. The Shadow of Lo 03. Vulcan Worlds 04. Lopsy Lu 05. ? Chick Corea (keyboard) Al DiMeola (guitar) Stanley Clarke (bass) Larry White (drums)

RETURN TO FOREVER / OLD GRAY WHISTLE TEST 1976 = Live at BBC Theater, London, UK 1976 S040402 BLOW UP 3800Y (1DVDR) 1.MEDIEVAL OVERTURE 2.SORCERESS 3.MAGICIAN 4.ROMANTIC WARRIOR 5.DUEL OF THE TYRANT AND THE JESTER チックコリア率いる全盛期のバンドのTVライブ映像。アルディメオラ、スタンリークラーク、レニーホワイトという蒼々たる面子で、最高のジャズロックを聞かせてくれます。名盤ロマンティックウォリアー発表後のツアーからの映像で、選曲もベスト。ジャズファンだけでなくロック、プログレファンにも見て欲しいかくれた名作。

SBK-3042 CHICK COREA / ELECTRIC BAND REUNION TOUR 10/19/02 (CDR) = Live at the Blue Note, NY (W/ Dave Weckl, Jimmy Earl, Eric Marienthal, and Frank Gambale)

RETURN TO FOREVER / LIVE IN JAPAN '83 LIVE AT YOMIURILAND OPEN THEATER EAST 1983.04.17 MASTERPORT 3800Y (CDR) チック・コリア、スタンリー・クラーク、レニー・ホワイト、アルディ・メオラという最強のスーパー・プレイヤーが集結したRETURN TO FOREVERの、伝説の1983年4月17日の読売ランドでのこの日限りの再結成公演が、高音質サウンドボードに匹敵するマニア卒倒レベルの衝撃の生録テープ・ダイレクト落しのスーパーサウンドで登場!!(トレーダー間でも一切出回っていないテープを使用しています。)この時期、野外でジャズを楽しむといえば、田園コロシアムで行われた「LIVE UNDER THE SKY」が有名でしたが、1983年より場所を読売ランドのオープンシアター・イーストに移しての開催となりました。田園コロシアムもなくなり、この日は、そのオープンシアター・イーストのこけら落とし。トリを飾るアーティストに選ばれたのは、この日だけの再結成となるRETURN TO FOREVER。しかもいわゆるロック小僧にも人気の黄金期のCHICK COREA、STANLEY CLARKE、LENNY WHITE、AL DIMEOLAのメンツによる再結成です。その演奏振りはまさに圧巻の一言!!そのダイナミックなプレイをあたかもその場にいるが如しの最高音質で体験できる本盤はファンならずとも必聴です!残念なことにACOUSTIC SETの途中でカットが入ったり(その後「THE ROMANTIC WARRIOR」が演奏されたはず)、アンコールの途中でフェイドアウトしてしまったりもしますが、それ以外はまさに完璧の一言!(ドラムソロの後、LENNYが「どうもありがとう」と書いた看板をかかげ、笑いを取ったりしましたね!)1枚のDISCに凝縮したジャズロックの真髄が堪能出来ます。絶対必聴の1枚ですぞ!!とにかく最高!! Disc1: 1. OVERTURE 2. INSTRUMENTAL #1 3. INSTRUMENTAL #2 4. ACOUSTIC SET(inc.WHERE HAVE I DANCED WITH YOU BEFORE) 5. MC 6. DUEL OF THE JESTER AND THE TYRANT ENCORE 7. SONG TO THE PHAROAH KINGS(FADE OUT) Chick Corea - Keyboards Stanley Clarke - Bass Lenny White - Drums Al DiMeola - Guitar

RETURN TO FOREVER / Endless Voyage = Old Grey Whistle Test - BBC Theater London, U.K. 1976 43min. Pro-shot M041009 OVERLORD 4200Y (1DVDR) 1976年『Romantic Warrior』発表時、ロンドンBBCシアターでのプロショット・ライブ映像が登場!前作『Where Have I Known You Before』より参加のアル・ディメオラの個性が最高の形でバンドサウンドへと反映された名盤を見事に再現した素晴らしいライブを、画質・音質ともにハイ・クオリティで捉えたファン必見映像です。Miles Davisのもとで培ったモード・サウンドの方法論を、チックが自らのルーツであり「ブルーズ」と位置付けるスパニッシュあるいはラテンのサウンドに最高に「ロマンチック」な形で昇華させた名盤ですが、とかくテクニカルな側面ばかりが取り上げられがちな達人ディメオラの寄与がいかに大きかったかをこの映像は再認識させてくれます。もちろんボトムを支えるスタンリー・クラーク、レニー・ホワイトの演奏も必見、オリジナルのジャケをモチーフにしたジャケもコレクター心をくすぐります。メニュー画面・チャプターつき、国内の標準的なデッキでご覧になれます。 1. Medieval Overture 2. Sorceress 3. The Magician 4. The Romantic Warrior 5. Duel Of The Jester And The Tyrant

CHICK COREA AKOUSTIC BAND~featuring JOHN McLAUGHLIN / AUSTRIA 1991 = VIENNA,AUSTRIA JULY/11/1991 SBK-1072 5800Y (2CDR) SBD -超テクのチック・アコースティック・バンドと超絶マクラフリンがゲスト参加の凄絶ライヴ!!− チック・コリア、ジョン・パティトゥッチ、デイヴ・クエックルという80−90年代を代表するピアノ・トリオに60−70年代マイルス・グループのサウンドの要となったチック・コリアの盟友ジョン・マクラフリンがゲスト参加した1991年7月11日オーストリア、ウィーンでのすばらしいライヴがオフィシャル級のサウンドボード収録にて完全初登場。元より超テクニシャンとして有名なチック・コリアに投じまだ新人ながら時代を担うテクニシャンとして世の中を驚かせたベースのパティトゥッチとドラムのクエックルによるアコースティック・トリオはそれまでのピアノ・トリオのイメージをことごとくうち砕く斬新なアプローチで瞬く間に大人気を博します。そのトリオでチックの代表曲”ハンプティ・ダンプティ”マイルスのレパートリーだった”枯葉”セロニアス・モニクの”ラウンド・ミッドナイト”などベスト選曲を極上の演奏で聴かせ、後半にはマクラフリンがアコギで神業としか思えない弾きまくりでぃ参加。これほどにスリリングな演奏はめったにありません。激マストです!!

SBK-1609 Chick Corea, Tony Williams, Bunny Brunel, Al Di Meola / SUMMER JAM 1979 3500Y (CDR) 1. Night Street 2. Chick Corea Solo 3. Al Di Meola Solo4. Isfahan 5. All Blues

SBK-1516 Chick Corea, Elektrik Band / 1st gig, Elarios bar April 19th 1985 3300Y (CDR) SBD = Live in Elarioユs 1st gig (W/ Dave Weckl and John Patitucci)

SBK-1063 Chick Corea and Friends / "Jam" 1980 3300Y (CDR)SBD

SBK-1071 Chick Corea Quintet / a Jazz negotiatior = Blue Note, NYC, Jan 3rd 1993 w/Coliauta 3300Y (CDR) AUD = Live at the Blue Note, NY (W/ Vinnie Colaiuta, John Patitucci, Wallace Honey, and Bob Berg)

SBK-3043 STAN GETZ / MONTREAUX 6-23-72 (1CDR) with chick corea, stanley clarke, tony williams

*** VIDEOS/DVDR* ** (NTSC format only)

CHICK COREA / PLAYS FROM JAZZ TO CLASSIC 85min = TAMA KOEN, TOKYO 1996 feat. Makoto Ozone, shin nippon philharmony orchestra, Roy Haynes..

SUPER JAZZ LIVE IN JAPAN> 1987 10/8 at shouwa womens' university hitomi kinen koudou (TOTAL 1hour 20min) ==Diane Schuur(vocal) == Lee Ritenour(guitar) == Dave Grusin(piano) == Tom Scott(sax) == Chick Corea(keyboards) <vo main (9'10'')> :i just found out about love : love dance <g main(10'00'')>: the sauce : white water <p main(6'45'')>: mt.dance : <s main(13'30'')>kathy's theme : tootsie <k main(20'30'')>: overture : side walk : rumble : light years : <all(12'15'')>finale

VD-1500 -CHICK COREA AND FRIENDS / JASS GIPFEL '92 = 92 STUTTGART, GERMANY 54MIN PRO feat. bob berg / eddie gomez / steve gadd

VD-0164 Return To Forever / Musicmagic (Compilation 89min PS A to B) 1974,76 THREE TV LIVE C. COREA/ S. CLARK/ L. WHITE/ AL DIMEOLA

-Return To Forever / O.G.W.T. '76 43min. pro.

LIVE UNDER THE SKY '86 = HERBIE HANCOCK-CHICK COREA ACOUSTIC PIANO DUO (8'50'') : Someday My Prince Will Come ORNETTE COLEMAN & PRIME TIME BAND (7'50'') = ORNETTE COLEMAN(a:sax) BERN NIX(guitar) CHARLES ELLERBEE(guitar) LARRY MARAE(bass)
ALBERT MC DOWELL(bass) DENARDO COLEMAN(drums) KAMAL SABIN(drums):Dancing In Your Head AL DI MEOLA with LARRY CORYELL ACOUSTIC GUITAR DUO(10'35''):Spain THE CHICK COREA ELETRIC BAND (6'00'') = CHICK COREA(keyboard) JAMIE GLASER(guitar) JOHN PATITUCCI(bass) DAVE WECKL(drums) Ramble HERBIE HANCOCK QUARTET(5'00'') = HERBIE HANCOCK(piano) RON CARTER(bass) TONY WILLIAMS(drums) BRANFORD MAESALIS(sax) : Oleo

LIVE UNDER THE SKY '83 7/29〜7/31 1983 at yomiuri land 'east' TOKYO / SONNY ROLLINS SPECIAL QUARTET (5'53'') coconut bread CHICK COREA TRIO(2'39'') = Milosrav Vitous (bass)=roy haines / drums : 'round midnight WEATHER REPORT(20'30'')= = Wayne Shorter = JOE ZAWINUL (keyboard) ==Omat Hakim (drums): hackensack :where the moon goes CRUSADERS(8'40'' ):melodies of love = Joe Sample (piano)LARRY GRAHAM & CRUSADERS (12'15'') = LARRY GRAHAM (bass)=Wilton Felder (sax):soul shadows

-Mt. Fuji Jazz Fes. '89 with BLUE NOTE =ART BLAKEY'S 70th ANNIVERSARY MESSENGERS / DON PULLEN-G. ADAMS QUARTET/ DIANNE REEVES/ CHICK COREA AKOUSTIC BAND/ JAM SESSION/ LOU RAWLS SHOW with GUESTS/ HERBIE HANCOCK & CHICK COREA DUO/ JAM SESSION/ HERBIE~RON~TONY "THE TRIO" with BOBBY HUTCHERSON/ LOU RAWLS SHOW with GUESTS/ THE 50th YEAR BIG BAND 100min. pro.

-Mt. Fuji Jazz Fes. '92=THE RETURN OF THE BRECKER BROS BAND/ FREDDIE HUBBARD with CEDER WALTON TRIO/ DON PULLEN/ BOB BELDEN ORCH./ TERUMASA HINO+ JOSHUA REDMAN/ GONZALO RUBALCABA/ ALBERT COLLINS/ DIANNE REEVES etc. 140min. pro. A


ohkura@w8.dion.ne.jpback to TOP page