『フランシーヌの場合』  作曲:郷伍郎氏 作詞家:いまいずみあきら 歌:新谷のり子 1969/6/15
フランシーヌの場合はあまりにもおばかさん、フランシーヌの場合はあまりにも悲しい
3月30日の日曜日、パリの朝に燃えたいのちひとつ、フランシーヌ

Francine ne nous reviens plus(.フランシーヌはもうわれわれのところに戻ってこない)
Pauvre carriere l'enfant perdu.(この子はかわいそうな人生を終えた)
Francine s'est abandonnee A la couleur de fraternite(フランシーヌは友愛の旗印にわが身をゆだねた)
Au petit matin du 30 mars.(3月30日のさわやかな朝)
C'est dimanche.(それは日曜のこと)
Une vie s'enflamme pour son eternite A Paris,(パリで一つの命が永遠に燃え尽きた)
Francine(フランシーヌ)

本当のことを云ったらお利巧になれない、本当のことを云ったらあまりにも悲しい
3月30日の日曜日、パリの朝に燃えたいのちひとつ、フランシーヌ

ひとりぼっちの世界に残された言葉が、ひとりぼっちの世界にいつまでもささやく
3月30日の日曜日、パリの朝に燃えたいのちひとつ、フランシーヌ

フランシーヌの場合は私にもわかるわ、フランシーヌの場合はあまりにもさびしい  
3月30日の日曜日、パリの朝に燃えたいのちひとつ、フランシーヌ

 1969年3月30日、パリで一人の女性が焼身自殺をした。
 彼女の名はフランシーヌ・ルコント(Francine Lecomte)、当時起きていたベトナム戦争とビアフラ戦争の抗議のためであった。
 そしてこの事件に影響を受けた当時CM作家の郷伍郎が作ったのが『フランシーヌの場合』である。
 この曲は新谷のり子によって歌われ、80万枚を超える大ヒットとなった。

 だがフランシーヌについての情報は驚くほど少ない。
 ネットでいくら検索しても見つかったのは当時の朝日新聞の切り抜きのみ、それ以上の情報は見つからなかった。
 それは日本だからではない。
 むしろ『フランシーヌの場合』のヒットにより日本ではその年代以上の人には知られているが、フランスでは完全に風化してしまっているらしい。
 3月30日、それはのほほんの誕生日である。

 YouTubeはコチラ(ただし映像が意味不明…)