日夏英太郎プロフィル


「天と地の間に」を演出するフユン
(
アネカ誌より、1951年6月)
 


1908
52年。満州(現・中国東北部)に生まれる。
朝鮮名は許泳(ホ・ヨン
)

日本統治下の朝鮮で育ち、16歳ごろ日本に留学。
マキノ映画・松竹京都下加茂で助監督・シナリオライターとして活躍。
さらに永田雅一率いる新興キネマ京都では企画を担当した。

マキノでは、英太郎が“おやじさん
と慕う二川文太郎監督との出会いがあった。
松竹京都下加茂では、おもに二川文太郎・衣笠貞之助監督作品の助監督を務める。

その後、
1941(昭和16)年に朝鮮半島で朝鮮人志願兵映画『君と僕』を企画・演出。
「古都(扶余)を流れる白馬江を船で流す」場面は美しい。

オペラ歌手として日本で活躍した永田絃次郎、朝霧鏡子、李香蘭の姿が見える。

(
『君と僕』は長い間フィルムが見つからず幻の映画と言われたが、個人蔵から見つかり、2009年春に東京国立近代美術館フィルムセンターと韓国映像資料院で公開され、現在も日本・韓国の地方都市で巡回上映中)

英太郎は1942年秋に日本陸軍報道班員としてインドネシアに行き、軍宣伝部映画班で活動。

戦後も残り名前をドクトル・フユンと改め、インドネシア初の映画・演劇学校「キノ・ドラマ・アトリエ」を設立。


黎明期の映画発展に寄与し、インドネシア映画の父と言われた。


代表作に「天と地の間に」がある。

   
 

日本での実績

監 督 1  金色夜叉 (助監督)  松竹蒲田

1932.01.14

2  人肌観音 (助監督)  松竹下加茂       1937.12.31
3  君と僕  朝鮮軍報道部       1941.11.15

脚 本

1  処女爪占師  マキノ御室       1931.02.13
2  紅蝙蝠  マキノ御室       1931.03.13
3  雲霞の兇敵  松竹下加茂       1933.10.22
4  辻斬ざんげ  松竹下加茂       1934.11.15
5  佐渡おけさ  新興京都       1939.05.01
6  姫君大納言   新興京都       1939.09.14
7  花嫁十三夜  新興京都       1940.04..11
8  安来節お秀  新興京都       1940.05.23
9  千両役者  新興京都       1940.09.08
10  君と僕  朝鮮軍報道部       1941.11.15

原 作

1  佐渡おけさ  新興京都       1939.05.01
2  姫君大納言   新興京都       1939.09.14
3  花嫁十三夜   新興京都       1940.04..11
4  安来節お秀  新興京都       1940.05.23
5  千両役者  新興京都       1940.09.08

編 集

1

 マキノ大行進  マキノ御室       1931.02.06

作 詞
 

ペンネーム
湯浅みか

1  濡れつばめ  ビクター       1933
2  大江戸出世小唄  ポリドール       1935
3  見返り柳  ポリドール       1935
4  やくざの掟 (藤田まさと共作)  ポリドール       1935
5  かごや判官  ポリドール       1935
6  しゃぼん玉の唄  ポリドール       1935
7  江戸節めをと姿  ポリドール       1936
8  判次呼び込み唄  ポリドール       1936

君と僕



潮来ロケ 〔1941年(昭和16)初夏〕
 



辻斬ざんげ (下加茂1934年12月号)
 



高田浩吉
雲霞の兇敵

 


濡れつばめ

湯浅みか作詞


大江戸出世小唄


湯浅みか作詞・藤田まさと増補
 


やくざの掟

湯浅みか・藤田まさと作詞
 


江戸節めをと姿

湯浅みか作詞
 


        HOME                          2014年5月2日更新