丹沢ボッカ駅伝試走も状態上がらず〜から、まさかの?(2017年5月20日)

昨日も丹沢・大倉尾根に行ってきました。
ボッカ駅伝チームの合同練習です。

7時42分に渋沢駅に到着。
バスはギリギリ乗れました。

季節も良く、 天気も良かったので、
登山者も多かったですね。

さて、大倉からは1区の試走。
ボクが伴走というか、 先導役を務めます。

ボクは20キロ担いでいるわけではないのでラクなんですが、それでもキツイと思うほどの暑さ。
気温も高く、かなりシンドかったです。

前回より30秒近くタイムを落としましたが、
まあこの気温じゃしかたないかな、
という感じでした。

2区は体力温存のため、 先にスタートしてゆっくり登らせてもらいます。

最後の階段の手前で試走のメンバーが追いついてきました。

と、見ると、 伴走しているはずの1区のNさんがいません。
疲れで置いていかれたのだろう。

しゃあないので、 そこから先導役を務めましたが、
何せ最後の階段はキツイ。
またしても体力を使ってしまいました。

2区は前回と同じ程度。
最悪ではありませんが、 上がってもきていない状況です。

3区はポクポク歩いて移動。
朝から調子の悪さを感じていまして、
心拍数も60超えと、 いつもより15以上高く、
体調が悪いのか、
疲労がたまっているのか、
とにかくいい状態でないのは確か。

本当は2週前の今週には最悪でも24分半は切っておきたいと思っていましたが、
気温も高く、とても記録が出るとは思えない状況。

それでも言い訳せずに(してるけど)、
できるだけがんばろう。
そう思って最初からペースを上げてみた。

が、キツくて、 自分が思っているペースになりません。
これは遅いな、
と感じていましたが、
自分の第1チェックポイント、
11分2秒で本番重量の前々回より6秒速かった。

あれ?

と思いましたね。
それほど遅くないんだ、 と思って少し元気が出ました。

が、そこから本当に脚が上がりません。
もうリタイアしたいくらいの状況。
ザックの重さも感じました。
いつもはシンドさは感じますが、 ザックの重さを感じることはなかったのですが、 それだけキツかったんでしょう。

第2チェックポイントは20分28秒で3秒遅れ。
この感じだとがんばって25分半だ。

なんとかそこは死守しろ!

そう自分を叱咤しますが、 もう本当に脚が上がりません。
ヘロヘロになりながら、
ゴール見えたよ!
の声に励まされて、 なんとかそこからラストスパート。

時計をうまく止められませんでしたが、
どうやら25分半くらいだったようで、ほぼ同じくらいでした。

まあこの状況ではしかたないかな。
それでも本番に向けての手応えはまったく得られないまま。

もう一週間鍛えてみて、 来週の最終試走にかけたいと思います。

頂上に行ってもよかったのですが、
ボクも含めていろいろ用ありでしたので、 花立山荘でカキ氷を食べて下ることに。
ちなみに富士山はよく見えていました。

ここから帰ると少し時間は余るのでゆっくり歩いて帰りました。

で、大倉に12時40分くらいだったかな?
に着いて、着替えとかしていたのですが、
なんと、2区の\さんが財布がない!

財布を出したといえば…
花立山荘のカキ氷!

というわけで電話をかけてみたり、
メールをしてみたりして連絡をとってみます。

電話はつながらなかったのですが、
待っていると、メールで預かっていますとの返信が。

よかったよかった。

花立山荘か…。

しかしいろいろ入っている財布のこと。
ないと今すぐ困ります。

行きますか?

20キロを担ぐ必要はありません。
じゃあやったことのないトレランしますか。

ということで、 13時40分再び大倉をスタート!

最初から走って行きます。

しかしまあダブルヘッダーですからね。
1区の途中で売り切れ。

ここから休み休み、 普通の登山で登って行きます。

途中、すれ違った登山者の方から、
2回目だよ、
の声が聞こえました。

こちらを覚えていたのでしょう。

でもね、思っているような理由じゃないんですよ(>_<)

花立山荘には15時30分くらいに到着。
無事に財布は戻ってきました。
本当よかった。

\さんがカキ氷をおごってくれるというので、
本日2回目のカキ氷〜。

この時間でもまだまだ登山者の方は多く、 ちょっとビックリしました。

大倉に下山したのは17時過ぎ。
この時間でも大倉は大にぎわい。
乗り切れないほどの列がバス停にできまして、 結局臨時のバスで渋沢に戻りました。

さすがに二回も登ればトレーニング効果は高いでしょう。高くなかったら泣くよ…。

そして二回も登ればやせただろう!
なんせ標高差約2000mですよ。

ドキドキの今朝の体重測定の結果!
なんと!
0.2キロ減!

微妙…。

しかも体脂肪率は0.3%増だよ…。


コワサ・体力レベル

雪がなければ、大倉尾根は初心者でも大丈夫。体力的にはしんどいですが、 初心者でもコワイ思いはしないで登れるでしょう。 塔ノ岳は本格的な登山を始めようという人に最適の山。初心者だけでなく、 ステップアップや訓練にも最適の山だと思います。ただ、しんどいので、 よく山に登っている人からは敬遠されがちのようです。 ボクは自分の山登りの体力具合がよくわかるので好きです。 ちなみに冬は雪が積もることがあります。その場合、大倉〜塔は雪山初心者向けのコースとなります。


●丹沢に戻る●

●HOME●