奥多摩小屋で泊まって雲取山に登らず・・・(2009年10月31日〜11月1日)

10月31日と11月1日は奥多摩小屋に行ってきました。
えと、雲取山には登りませんでした・・・。

10月31日は途中で車にひろってもらって、
ズルして小袖乗越まで行っちゃいます。

ちなみに鴨沢では、バスがついたところということもあったのですが、 人がいっぱいでトイレに長蛇の列。
駐車場もすでにいっぱいでした。

で、小袖乗越を10時過ぎにスタート。
7人でゆっくり登っていきます。
登山道もすごい人で、 シーズンオフの高尾山くらい人がいるかと。

抜かれて抜かれて堂所の少しうえでお昼休憩。
紅葉はこの付近がちょうどいい感じでした。

七ツ石山経由組といったん別れてブナ坂を目指します。
ゆっくり歩いた分、しんどさは感じないでブナ坂につきます。
いい時間になっていますが、 天気はよく結構展望もありました。

小さい巻き道も使って14時20分ころだったかに奥多摩小屋に到着。
テン泊装備の人がいっぱい抜いていったので心配でしたが、
まだ張る場所は残っていましたので、ちゃちゃっと張ります。

ちなみに堂所下の水場は出ていませんでした。
奥多摩小屋に水場はジャカジャカ出ています。

今日は宴会山行ということで、 担いできたビール3Lと日本酒4号瓶を放出。
雲取山にも登らないで飲み食い・・・。

7時半くらいにはシュラフに入って寝ました。
最近、山では寝られないことが多かったのですが、 今回は一睡もできない状況ではなく、まずまず眠れてよかった。

朝4時前に起きてトイレに行くときには月も落ちて、 満点の星空が楽しめました。
今日も快晴だよ。

テントの数も多く、1張りだけでしたがヘリポートにまであふれていました。

で、朝は朝で残った食材をみんなで平らげます。

グズグズ、間違えた、ゆっくりしたので、
出発は9時半ころ。
雲取山にも登らないで帰ります。

やっぱり七ツ石山には登らないで下山しました。
小袖乗越には12時10分ころ。
結構歩いたけど、あんだけ食べたらやせてないよなあ。

というわけで下山後のジュースは
ゼロカロリーのCCレモンにしときました。

でもそのあとのお昼ご飯は、
ロイヤルホストでメニューの写真につられてしまい
カキフライとハンバーグの定食
1,100キロカロリーオーバーを食べてしまいました。
ロイヤルホスト恐るべし・・・。


コワさ・体力レベルレベル

雲取山までは鴨沢からの往復なら、ほぼ、コワイところはないと思います。ただ、標高差は1500m 近くあり体力的には厳しいです。山頂の避難小屋は、週末には大混雑になるそうです(特に春と秋)。 冬は鴨沢からなら、あまり雪も多くありません。4本か6本のアイゼンがあれば十分です。雪が多くな いかわりに、登山道が凍結してカチカチになります。心配ならはやめにアイゼンつけたほうがいいで しょう。雪は少ないですが、気温は下がります。また、夏は虫が多いので虫対策が必要です。蚊とか じゃなくて、ハチとかも多いです。クマンバチ みたいなのが、頭によくぶつかってきます。夏は黒とか濃い茶色の服、帽子はやめといた方がいいと 思います。ボクは刺されたりしたことはないですが。


●奥多摩に戻る●

●HOME●