天竺奇譚 インドの夜風に吹かれましょう

トップページ インド神様 インドの基本 インドリンク  
ラーマ
kami_image ラーマ Rama

ヴィシュヌの化身の一つ。
奥さんはシーター。
持物:弓

ヴィシュヌの化身の一つ。『ラーマーヤナ』の主人公。 コーサラ国の王子。
ちなみに『ラーマーヤナ』は桃太郎の元型なのでは?といわれている。
追放された王子が、さらわれた妻を取り戻すために悪魔王に挑む話。

彼は、当時ランカー島に住んでいた悪魔の力を押さえるために ヴィシュヌ神が人間として生まれ変わったお姿なのです。 ラーマ王子は印度のヒーローなのだ!

 

・ 「ラーマーヤナ」のざっくりとしたあらすじ。
.
インドの神様 むかしむかし、コーサラ国の王位継承者としてラーマ王子は生まれました。
何不自由ない生活。彼の将来は約束されていました。
しかし、継母は、彼ではなく自分の息子を王位につけたい。
彼女の策略におちた彼は、 国を追われることになります。

彼は最愛の妻「シータ」と弟をつれて、国から遠く離れた森で暮らし始めました。
妻のシータは、すばらしい美貌の持ち主だったので、ランカー島に住んでいた「魔王ラーヴァナ」の目にとまり、ラーマが外出している隙に彼女は拉致されてしまいました。

ラーマたちは、猿王ハヌマーンとともに彼女を奪回するためにラーヴァナに戦いを挑み、見事魔王を倒しました。
その後、ラーマは王位に戻り、すばらしい王様となりましたとさ。

ただ、この後王妃のシータはさらわれた間に不貞なことがあったのではと皆に疑われますが、身の潔白を証明した後、女神と共に人間界を去りました。

ラーマーヤナは、なんかこう
エンターテイメントてんこ盛りってかんじのストーリー。
恋愛あり、冒険あり、戦いあり、ほろりとする場面あり。
インドだけではなく、ヒンドゥー教の文化がながれたところ、東南アジアあたりでも大変メジャーな物語として親しまれています。

・ ラーマ様がシータ姫をゲットするまで
.
インドの神様

子供ができない王様は、神様たちにお祈りをしましたら
神様から秘密のお酒をゲットしました。
王様は、 数人の妻にそれぞれお酒を飲ませたんですが、
最愛の妻第一王妃にだけたくさん飲ませてました。
ラーマ様は彼女の子供だったので神様パワーが一番強く、
子供たちの中でも一番聡明に育ちました。

すくすく育ったラーマ様と弟のラクシュマナ様は
「この二人は見所があるから俺が鍛えてやるよ!」と言ってきた
怪しい僧侶に引き取られ、修行三昧の日々。
怪しい技とかも伝授されて、 かなりパワーアップします。

そんな中、ヴィデーハ国では年頃のシータ姫の花婿探しが行われていました。 その国には昔から「誰も引くことのできない弓」がおいてあったので
王様は「この弓を引いた者に姫を与えよう!」と。粋な計らいを。

姫の美貌と聡明さは有名でしたから、いろんなところから武芸に秀でた若者たちがあつまってきました。もちろん噂を聞いたラーマ様ご一行。
「おもしろそうじゃん!シータ姫って美人みたいだしゲットできたらラッキー」と
腕試しにでかけましたら、見事弓を引くことができ、姫をゲットしました。



 


インド神話とヒンドゥー教
インド神様図鑑お姿全集
神様図鑑トップページ
インド神話について
ヒンドゥー教ができたワケ
早分かりインド美術史
叙事詩「マハーバーラタ」のあらすじ
英雄譚「ラーマーヤナ」のあらすじ
女神信仰とシヴァ妃
タントラ・タントリズムについて
 
インド神様図鑑TOP インド神様お姿全集 シヴァ Shiva ガネーシャ Ganesa ムルガン Murugan ナンディン Nandin
パールヴァティ Parvathi ドゥルガー Durga カーリー Kali ミーナークシー Minakshi チャームンダー Chamnda マリアンマン Marianma
ヴィシュヌ Visnu ラクシュミー Lakshmi ジャガンナートJagannata ガルーダ Garuda クリシュナ Krsna ラーマ王子 Rama
シータ Sita ハヌマーン Hanuman ブラフマー Brahma サラスヴァティ Sarasvati カーマ Kama アグニ Agni
インドラ Indra ソーマ(チャンドラ) Soma ナーガ Naga ダーキニー Dakini アプサラス Apsara ガンダルヴァ Gandharva
           
インド神話の基礎知識 ヒンドゥー教の歴史 インド美術史 女神信仰とシヴァ妃 タントリズム マハーバーラタ
ラーマーヤナ          
           
天竺奇譚トップページ          
Copyright (C) 2010 tenjikukitan. All rights reserved.