武道空手少年クラブ =塩尻道場=

 
 
○目的○
子どもたちに 礼儀を守り、努力することの大切さを知り、優しさや希望を大きくもってもらえるようにすることです。武道をとおして「社会性」を身につけ、日常での最低限のルールを守る「感性」を育てることです。幼い頃から身体性の文化である武道に触れることで、心身ともに健全に成長することを願い、指導に当たっておりますし、又、子供たちの生涯を通してその経験は非常に大きな意味を持つと確信しています。
○活動場所○
塩尻市桔梗小学校体育館 2階
○活動日時○
毎週水曜日 午後6時30分〜7時45分
○対象○
保育園児〜中学生
○内容○
会場への出入りの礼に始まり、黙想、先輩方に礼、お互いに礼、準備運動、基本稽古、移動稽古、ミットトレーニング、スパーリング、首相撲、立ち組み技、寝技、道場訓の唱和、先輩方に礼、お互いに礼、全員で挨拶、会場の清掃などを行います。夏季合宿やクリスマス会などのイベント、年4回行われる昇級審査会や各種大会への参加もできます。
○武道空手とは○
日本古来の武道である空手道をベースに格闘技における技術の粋を集め、再編した総合格闘技です。心技体の鍛錬や礼節を重んじます。
○活動母体○
『特定非営利活動法人 日本武道総合格闘技連盟』 青少年健全育成事業として、連盟の有志が活動を支えています。
○指導員○
クラブを指導する道場長のすべてが「スポーツ少年団」の認定員の資格を有しており、青少年健全育成に努めています。
見学、体験は随時OK!
(事前にご連絡いただければ当日詳細のご案内もできます)→お問い合わせ先

他道場の練習にも、いつでも参加することができます。
(中信地区には塩尻の他に、内田、並柳、中央、芳川、南松本、大町、豊科、穂高、伊那、伊那北に道場があります。)

≪大会報告≫

平成22年8月29日(日)
総合空手道選手権大会「少年茶帯トーナメント」

大会の詳しい結果と様子はコチラから

≪大会報告≫

ジャパンオープン2009バーリトゥードアクセス  
リアルファイティング空手道選手権大会
国際ストリートチルドレン救済支援チャリティー

期 日  平成21年7月19日(日)
会 場  ビッグハット(長野県長野市)

塩尻道場からも多くの選手が参加しました!!

参加者500名の全国大会。
塩尻道場も多くの選手が参加しました。
大会の詳しい結果と様子はコチラから


武道空手少年クラブ =塩尻道場=
 
 
 Copyright(C) 武道空手少年クラブ 塩尻道場 All rights reserved.