患者の生活・就労をつむぐ会

未来へ




2017年

どんな闇に
うち震えても 

破滅に 
身を投げそうになっても

一人一人の心にある
光を握りしめて
その灯をかざして

一人じゃない
光さす方へ

ともに
みんなで
歩んでいきましょう


昼夜を問わず
寄り添い
活動を続けている皆さん
お疲れ様です

声をかけ合いながら
支援者も
一息つきながら

時には想いっきり
発散して
いきましょうね

H28年の自殺者が
2万2千人を切りました
数字だけじゃありませんが
2万人をきるように
この歩みを着実に
進めていきましょう

若者の自殺
高齢化による
孤独死の増加等による
バーターデータ増加の問題
見えてきている課題は
まだまだありますが

根気強く
一つ一つの
点と点を
紡ぎ
人と人が
つながり
大きな流れを
世界へ
広げていきましょう

映画にMUSIC
歌にダンス
お笑い、芸能等
それぞれの立場から
やれることは
まだまだある

今年も
よろしくお願いします


========
2016年

皆さんの日々の取り組みが
未来の鼓動となって
着実に歩みを進めています

H27年の自殺者が
2万5千人をきり
2万3971人になりました
最多時は3万5千人近くまでありました
2010年、ターニングポイントを機に
1万人をこえて(年間)減少したことになります

数字だけではなく
未だにお亡くなりになっている方々の
一人一人の人生
命に向き合う必要がありますが

着実な変化となり
「未来の鼓動」となり
刻まれてきています

足らざるはどこなのか
できうる対策がないか
再検証しながらも
この歩みを
着実に進めていきましょう

福島、被災地等も
減ってきています、が
高いままでもあります
年度変わり
4月、9月等

「未来へ」の生活を築いていく
行政、民でできるサポートも
寄り添い
しっかり充実するよう
再検証、拡充させてもらいたいと思います

これといった特効薬はありません
皆さんの日々の取り組み
一声、一声
勇気ある、一歩、一歩
積み重ねが
未来へむけて
刻まれていきます

昼夜を問わず
365日相談を続けるみなさん
本当にお疲れ様です

歌も
映画も
お笑い、芸能も
「未来へ」
もう一踏み込んで

今年は
失敗してもいいから
振り切って
もう一歩踏み込んで
みましょうね

失敗してもいい
思っきりやってみてもいいんだと思える
可能性を探れる
環境、雰囲気創りが

未来を変える
これからを担う人たちの
歩みにつながっていくと思います

本年も何卒
よろしくお願いします

        (2016.1.17)

(2015年)===========
みなさん
一人、一人が
「生きる灯」をかかげ
とりくみをつみかさね
声をつないだ
広がりが

変化の兆しとなり
あらわれてきています


2015年1月15日
平成26年の自殺者数が発表され
前年に比べ1909人減り
2万5374人であったことが
発表されました

数字だけでなく
未だに、お亡くなりになる
一人一人の人生
生活をしっかり見ていく必要がありますが

確実に、変化の兆しが
広がってきています

この歩みを
なかなか届きにくくある方へ
被災地に
次の一歩に
次のつながりに
広げていきましょう

できれば、日本だけでなく
同じように自殺が社会問題化する
韓国、アジアにも
つなげていければと思います


2010年
掲げたターニングポイントから
5年連続で減少
当時3万3千人をこえていた自殺者も
3万人をわり、
2万5千人を切って
次の目標である2万人をきる
未来も見えてきました

患者会としてとりくんでいる
病気、身体的病気等を理由として亡くなる方も
減少傾向がででています

若者の死因も依然として高くありますが
減少の兆しも出てきています
この流れを確かなものにしいていきましょう


昼夜を問わず
現場で相談にのるみなさん
本当にお疲れ様です
時には支援する側も、こそ
一息ついてくださいね

テレビや唄、芸能でも
希望をかかげ続けてくれています
生きているだけでまるもうけ
お笑いも大切ですね
(これからもガッツリ、さりげなく頼みますよ!)

でも、これだけをやっていればいいといった
特効薬はありません

身近な生活で
小さなリアルの中で

みなさんの
一声、一声

勇気ある
一歩、一歩が

明日を変える力になっています

小さな歩みも、みなが動けば
世界は変えることができる

どうか
これからも
「生きる灯」を
みなさんの
一声で
唄で
映像で
微笑みで
つないでいきましょう


生きていてもいい

私たちは微力であっても
無力ではない

ひとりじゃない

つながりからひろがる
私たちのできることを
これからも
広げていきましょう

これからもともに
よろしくおねがいします


     2015年1月16日