患者の生活・就労をつむぐ会

私たちの提言


現在の日本の就労、所得保障、介護制度等は病気や体の部位、臓器別に入口規制されており、
いたるところに「制度の谷間」ができています。
私たちは大切な一つ一つの制度が必要としているすべての人に届くように下記の提言をしています。


○東日本大震災、今までの提言集
    こちらを参照ください

○絆再生事業ご協力のお願い
      こちらを参照ください

○私たちの求める障害者総合福祉法への提言      

NEW(2015年03月03日)
政治が最終決断「制度の谷間」の構造的問題を根本から正すことを強く求めます
資料@「その他の障害」を包摂する医師の診断書  資料A「その他の障害」を包摂する支給決定方法

(2015年02月08日)
当会の譲れない一線は、病気別で入口排除する現状、構造的問題を根本から変えることです

(2014年5月18日)
【抗議声明】 難病の法制化等の国会審議では、政治の責任がはたされていません

(2014年3月26日)
難病対策の法制化に併せ、難病当事者である総理の閣議決定、政令改正で真に解決するのか、本気度が問われています
 【図説支給決定】当会の提案する支給決定で解決は可能
 【医師の意見書の例】既に利用されている医師の意見書の改正で解決は可能

(2013年11月26日) 
既に対象になっている人の負担軽減だけでなく、今ゼロである人とも広く分かち合うこと

「制度の谷間」にある人からの相談例

(2013年07月25日)
難病当事者である安倍総理の突破力、閣議決定で、「制度の谷間」を今度こそ解消し、待っている人に早く届けてください

(2013年05月07日)
難病当事者である総理が、縦割り行政をこえて、「制度の谷間」の真の解消を

(2013年01月21日)
難病だけに限定し、法律条文より範囲を狭くした政令に強く抗議し、政令のやり直しを求める
                             【図説】医師の意見書で補う改革案

(2013年01月07日) 
難病の当事者として、困っている当事者に届いているか早急にチェックし、政治主導を発揮してください

(2013年01月07日) 
具体的な政令案、病気別の追加の問題点とパブリックコメントについて

(2012年8月30日)
国民との約束、「制度の谷間」のない障害者総合福祉法の具体的な実行(下記政令案)と予算確保をお願いいたします

(2012年08月08日)
「制度の谷間」、社会保障と税の一体改革への声明

(2012年07月23日)
病気別に追加しても、マニフェスト、閣議決定である「制度の谷間」のない障害施策は履行されない

(2012年 06月19日)
政権交代の意義を問う。国民と約束した本旨をそらし、取り繕う詭弁政治に抗議する 

(2012年06月14日)
「制度の谷間」にある人からの相談例

【図説比較】現在の支給決定と医師の意見書で補う「制度の谷間」のない支給決定改革案

(2012年04月28日)
障害者総合支援法の衆議院採決・国会審議にかんする抗議声明

(2012年04月12日)
既存の政治が縦割り行政を超え、誰も排除しない真の障害者総合支援法とできるか問われています

(2012年03月19日)
「制度の谷間」を光に。縦割り行政を超え、誰も排除しない真の法律とする指示を徹底してください

(2012年 3月3日)
障害者総合支援法(案)に対する声明。マニフェストにあることをせず、ないことを進める不正義はもう許されません

(2012年2月8日) 
国の指定する難病だけに限定しないで医師の意見書等で補うこと。厚生労働省(案)への要望

(2012年2月2日)
病気別による入口規制をやめ、医師の意見書で補い、「制度の谷間」のない新しい障害者制度を実現してください。
         国会議員様宛の要望書     小宮山厚生労働大臣宛の要望書 

(2011年02月08日)
  東京都相談支援従事者初任者研修内部障害者のニーズについて ※参考資料@ 参考資料A 参考資料B

(2011年12月09日)
  国会議員様宛 障害者制度の入口で排除されている人を一刻も早く救済する対策、新法をみんなで創ってください  ※参考資料@〜C

(2011年12月07日)
  民主党マニフェスト「制度の谷間」のない障害者総合福祉法を早期に実現し、孤立する方に直接届く具体的な施策を  ※参考資料@〜C

(2011年9月22日)
 「制度の谷間」のない障害者総合福祉法、孤立する方に直接届く具体的な施策の実現を求めます

(2011年7月4日)
 困っている人に直接手の届く「制度の谷間」のない障害者総合福祉法の早期実現を求めます

(2010年7月25日)
 友愛公共フォーラム 当会のモデル事業(案)

(2010年6月15日)
 制度の谷間のない障害者福祉の実現と政策立案過程への当会の参加を求めます
       資料T参加できなかった方から議員のみなさんへのお手紙 
       資料U難病支援の手届かず 
       資料Vセイフティーネットの穴をうめる、切れ目のない社会保障制度改革は急務 

     

○生活保護制度について
  (2010年8月)    
 私達は炭鉱のカナリヤではない。通院移送費問題から見えてくる日本の社会保障

○ 「無縁社会」から「人と人をつなぐ」社会を目指して
                〜孤独死年間3万人時代に私たちが出来ること〜
  (2010年9月18日)  集会チラシ   当日資料

○介護・買い物支援制度等について
  (2010年3月10日) 孤立する患者への買い物、見守り支援呼びかけ文

○就労支援、年金制度等、制度の谷間のない総合対策について
    2008年12月障害者雇用国会審議発言レジュメ  参考資料
    2009年総合対策イメージ図 
     ※08年、09年の提言も含め第2のセーフティネットが実現し、給付つき訓練制度、家賃補助、
      特定求職者雇用開発助成金の難病モデル事業の実施等につながりました。
      残るは、国民基礎年金、厚生年金の一体化、最低保障年金を含めた年金制度の抜本改
      正、障害者総合福祉法等による、障害の範囲(就労上の障害も含め)の見直しです。

○医療制度について
 (2010年4月) 難病・慢性疾患者や障害者が安心できる医療の仕組みについて