東京スピリチュアリズム・ラボラトリー

                   Tokyo Spiritualism Laboratory
東京スピリチュアリズム・ラボラトリー(TSL)は、「死後存続」説(「霊魂」説)の研究・普及を目的とする非営利の会です。

現行の知の枠組みでは、死後存続説、霊魂説は、排除され、タブーとされています。しかし私たちは、理性的な思考と慎重な検討によって、それらは受け入れられるものだと考えています。それを裏付ける様々な事例と、そこから導き出される「より高次の世界観」を、ここで紹介していきたいと思います。

「人間の精神は物質から作られるのではない」「人間の魂は死後も存続する」といった主題を真摯に探究したいと思われる方、あるいは「死後の霊魂はどうなるのか」「見えない世界と現実の世界とはどのように関係しているのか」を知りたい方に、私たちは、できる限り信頼しうる、独善的・教条的ではない情報をお届けできればと考えています。

(当会は宗教団体ではありません。教義の押し付けや物品の販売などは致しません。)


1.導入編――死後存続の証拠
死後存続研究150年の歴史と「証拠」の例を簡単に紹介します。
  (1)死後存続とは
  (2)スピリチュアリズムとサイキカル・リサーチ
  (3)超常現象と死後存続
  (4)体脱体験と臨死体験
  (5)生まれ変わりと前世療法
  (6)霊との交信
  (7)認容の度合い
  (8)「死後生」研究の簡単な歴史(付・ブックガイド)

2.基本編――霊信が語る死後の世界
「霊からの通信」が伝える、「見えない世界」の概略を紹介します。
  (1)「霊信」をどう捉えるか
  (2)死後に何が起こるか(付・魂の旅の旅程表)
  (3)スピリチュアリズム他界説の特色
  (4)自殺について
  (5)生まれ変わりとカルマ
  (6)類魂
  (7)守護霊
  (8)神
  (9)現実世界と霊界の交渉
  (10)霊媒について
  (11)霊現象の様々
  (12)霊的成長とは
  (13)祈りについて
  (14)人間以外の霊的存在
  (15)スピリチュアリズムの12の「救い」

3.各論編
各主題のより詳細な解説や、最近の展開を。
  (1)死後存続証明の新たな展開――臨死体験と前世療法
  (2)電子機器による霊界との交信
        ――インストゥルメンタル・トランスコミュニケーション
  (3)超ESP説は棄却された――スティーヴンソンの「真性異言」
        および「先天性刻印」」の研究をめぐって
  (4)スピリチュアリズムからの仏教批判
        ――マイヤーズ通信による「仏教者の死後の行方
  (5)宗教学とスピリチュアリズム――津城寛文『〈霊〉の探究――近代
        スピリチュアリズムと宗教学』の紹介
  (6)超常現象の「とらえにくさ問題」と「心理的抵抗」
  (7)「前世記憶」の真偽を検証した日本初の試み
        ――稲垣勝巳『前世療法の探究』の紹介
  (8)催眠と超常現象
  (9)自分でできる霊障解除法
  (10)神道とスピリチュアリズム
  (11)中間世セラピーと霊界探究――マイケル・ニュートン著『死後の
     世界が教える「人生はなんのためにあるのか」』『死後の世界を
     知ると、人生は深く癒される』の紹介
  (12)【特別寄稿】稲垣勝巳「タエの事例のその後の報告
     ――その後に起きている超常現象の検討と考察」
  (13)マイヤーズ通信による「高次他界」の構造
  (14)なぜ万人が認めるような証拠が得られないのか
  (15)スピリチュアリズムの3つのステージ
  (16)マイヤーズ通信より「正しい愛の道」


4.スピリチュアリズム・心霊研究基本用語解説

5.スピリチュアリズム・心霊研究人名解説

6.文献・書籍紹介・リンク
(付・英国のスピリチュアリズム関係機関)

7.梅原伸太郎文庫
スピリチュアリズム研究家・故・梅原伸太郎氏の著作(翻訳:マイヤーズ通信『不滅への道』『人間個性を超えて』、エッセイ:「スピリチュアリズム一問一答」「霊の復権と新しい意識の探究」など)を収載。

8.高森研究室

TSL会員高森光季氏の論稿

9.ラウンジ
アナウンスや雑報を掲示します。



◆最新の更新

2012/03/26 高森研究室に「どんな人生にも意味がある――霊学の視点から」を掲載しました。

2012/04/03 高森研究室に「宗教と内的体験」を掲載しました。

*ハリー・エドワーズ『霊的治療の解明』は原著作権者からの要請により削除しました。



会員によるブログ「スピリチュアリズム・ブログ」のご案内

TSL会員による共同執筆ブログ


  スピリチュアリズム・ブログへ



*部分引用は、営利目的・剽窃などでない限り、ご自由にどうぞ。(梅原伸太郎文庫、高森研究室のものは、著作者名を明記してください。全文引用はご遠慮ください。)

*ご質問・ご意見・ご相談などは歓迎いたします(無断公開・勧誘・個人情報の悪用などはいたしません)が、「霊障解除」など霊術的行為の依頼は、基本的にお受けしておりません。


このホームページはリンクフリーです。
             Copyright (c) 2006-2012 Tokyo Spiritualism Laboratory


 ご質問、ご意見はこちらへ。

定礎:2006/02/26
最新更新:2012/09/29

導入編
基本編
各論編
スピリチュアリズム
・心霊研究

基本用語解説
スピリチュアリズム
・心霊研究 
人名解説
略年表

文献・書籍
紹介・リンク
梅原伸太郎文庫
高森研究室
ラウンジ
 スピリチュアリズム・ブログ