貴味蛸は、夙川からこだわりの粉物・点心を皆様にお届けします。明石焼き、たこ焼き


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

貴味蛸の玉子焼き(明石焼き)

玉子焼き(明石焼き)は、神戸・元町「蛸の壷」の主人が

1950年頃にこのスタイルを作りだしたと聞き及んでいます。

玉子と小麦粉・浮き粉(小麦粉のでんぷん)を使います。

中に蛸を入れたのは、明石だったからでしょう。

現在では、明石を中心に東(三宮)西(姫路)に広がり、

他の地域でも見かけるようになりました。

貴味蛸の玉子焼きは(明石地域では玉子焼き)、

蛸の壷の味や培われたものを継承し、守っていきた

いと思っています。

せひ一度、貴味蛸の玉子焼きをご賞味ください。

 

 

私は、昭和28年に現在の明石焼き(玉子焼き)を創った「蛸の壷」で、小麦粉の面白さを覚え、1980年(昭和55年)神戸・岡本で「貴味蛸」を開店しました。

後年、仕事を重ねる中で、本物の水餃子を作りたいと本場台湾に渡りました。台湾では大陸の北方系の人が数多く粉食の店を開いています。本場の味や町の活気、手作りの面白さを体で感じることができました。それをさらにアレンジし、現在のメニューに反映させています。

貴味蛸では、化学調味料は使いません、高価な材料はありませんが、食材それぞれの素材感を大切に選んでいます。食に対するやさしさを感じて、作ってきた30年間、これからもスタイルを変えずに頑張っていきたいと思います。