これまでの活動

反貧困フェスタ2009

2009年3月28日(土)@神田一橋中学校(神保町)
チラシのダウンロード  おもて  うら
今年の「反貧困フェスタ」のテーマは“労働”です。増大する非正規労働者、横行する「派遣切り」、長時間労働を課される正社員たち。「働くこと」が壊されていく…労働の崩壊は目を覆うものがあります。加えて今回の大不況では、40万とも100万とも言われる非正規労働者が職を失うと言われており、その波は正社員や新卒者にも及んでいます。

忙しくて仕事が終わらない正規と、働いても生活できない非正規―「過労死か貧困か」という惨状の中で、「あいつは楽しんでいる」「あいつは守られすぎている」という“労労対立”が作られてもいます。「自分だけは生き残りたい」…しかし、このままで本当にそんなことが可能になるでしょうか。

働く者が生き生きと働き、生活できる社会とはどのようなものなのか。私たちが直面している現実と課題はどんなもので、それをどのように乗り越えることができるのか。さまざまな働き方をするみなさんと一緒に考えてみたいと思います。


日時:2009年3月28日(土) 10:00~16:30

場所:千代田区立神田一橋中学校
(東京都千代田区一ツ橋2-6-14)

日本教育会館東隣り
東京メトロ半蔵門線・都営新宿線「神保町」(A1出口)4分
東京メトロ東西線「竹橋」(1b出口)5分
入場無料、雨天決行(ただし校庭企画は中止となります)

・一部手話通訳・要約筆記、保育室あり。受付でご相談ください。
・車いす用トイレ(1階)、エレベーターあり。
・会場は使用中の学校です。主催者の指示にご協力いただきますようお願いします。
・上ばき(スリッパ等)をご持参ください。
プログラム

10:00 開会式
10:15 分科会(2階教室)
1 女性のハケンを考える―女性はハケンを望んでいるのか? 現状は?
2 住まいのセーフティネットをつくろう―安心して生活できる住まいとは?
3 日本社会の「壁」を崩す 湯浅誠×中島岳志対談
4 働くこと《労働》を学ぶ

12:00 シンポジウム「いま“はたらく”が危ない」(2階体育館)

シンポジウム いま“はたらく”が危ない―労働市場の多様性=格差・分断構造と「貧困」
コーディネーター:雨宮処凛(反貧困ネットワーク副代表)、湯浅誠(反貧困ネットワーク事務局長)

前半は年末年始の「派遣村」に身を寄せた村民の話を皮切りに、あらためて様々な雇用形態ではたらく人、さらには労働市場から排除された失業状態の人たちの声に耳を傾けて、それぞれの「生きづらさ」を探ります。

パネルディスカッション
コーディネーター:東海林智(毎日新聞記者)
パネリスト:龍井葉二(連合)、井筒百子(全労連)、遠藤一郎(全労協)、伊藤みどり(働く女性の全国センター)、赤石千衣子(しんぐるまざあず・ふぉーらむ)、山本創(DPI日本会議)、中村光男(企業組合あうん)

後半のパネルディスカッションでは、労働組合の全国組織(ナショナルセンター)と「反貧困」の運動を担っている人たちが「この社会はどうあるべきか」「いま、私たちは何をなすべきか」を討論します。
「労働×貧困」をみんなで聞き、語り、考えましょう!

16:00 貧困ジャーナリズム賞表彰式、閉会式
貧困ジャーナリズム大賞2009受賞者一覧

その他、なんでも相談会、炊き出し、ライブ(校庭)、貧困ジャーナリズム賞候補作品展示・上映(2階マルチメディアルーム)など。

校庭ライブゲスト:「月桃の花」歌舞団のエイサー、移住女性による寸劇カラカサン、「生きるための歌」を作り続ける五十嵐正史&ソウルブラザーズ、新宿駅地下BERGの愛染恭介さん、夢と希望を持ち続ける「マウム」(こころ)を伝える盧佳世(ノカヨ)さん、ブルース講師・非常勤の叫び佐藤壮広さん、「ひとりぼっちをなくそう」精神障害当事者運動に取り組む塚本正治さん、「前を向いて歩こう」の寿[kotobuki]さん
お礼のことば                                      
反貧困ネットワーク代表 宇都宮 健児
 米国発に金融危機に端を発する百年に一度といわれる経済不況下で、派遣切り・雇い止めの嵐が吹き荒れ、職と住まいを失う人が大量に生み出されています。
 このような情勢下で、今年の「反貧困フェスタ2009」は、「労働×貧困」をメインテーマとして開催されました。
 体育館で開かれたメインシンポジウムも、「いま“はたらく”が危ない」というテーマで開かれ、正規、非正規、障がい者、女性労働者が労働現場の実態を告発するとともに、労働団体(連合、全労連、全労協)と市民団体(女性、障がい者、野宿者支援)の代表によるパネルディスカッションが行われました。シンポジウムを通じて、労働運動と市民運動の連携・連帯の重要性が改めて確認されたと思います。
 この他、屋内会場では4つの分科会と書籍販売などが行われ、校庭では相談会(労働、生活、多重債務、医療)、炊き出し、ライブ、展示、貧困ジャーナリズム大賞の発表などが行われました。
 今年のフェスタの賛同団体は98団体、参加者は約1700人に上り、賛同団体、参加者とも昨年を大きく上回りました。この1年間の貧困問題に対する関心の広がりと反貧困運動の広がりを実感できたフェスタであったと思います。
 最後になりましたが、昨年に引き続き会場を貸していただいた千代田区立神田一橋中学校に感謝致しますとともに、フェスタに協力していただいた大勢のボランティアの皆さんにも感謝したいと思います。どうも有難うございました。
反貧困フェスタに参加して                               
反貧困ネットワーク副代表 雨宮処凛
 今の日本では、雇用形態や世代、職種や性別などにかかわらず、どんな働き方をしようともまったくもって一時も「安心」などできないのだ。シンポジウムを終えてまず胸をよぎったのは、そんな言葉だった。
 年末に自殺を考え、樹海に向かう途中のテレビで派遣村のことを知り、気がつけば日比谷公園にいたという元正社員。全国の飯場を渡り歩いてきたものの、給料からは仕事のない日も宿泊費や食費などが毎日3000円ずつ引かれ、月に2、3万円しか残らなかったという男性。大企業の正社員にも吹き荒れるリストラの嵐。そして派遣や嘱託で低賃金を強いられる女性たち。聞けば聞くほど、暗澹たる気持ちになった。
 しかし、「働く人すべてがしんどい」状態は、逆にチャンスでもある。正社員と非正社員がいがみ合うことによってなされるガス抜きももう限界だ。なんだ、みんな大変なんじゃん、と気付く時、自分たちは実は多数派だということにも気付くのだ。この日の校庭のブースには、農民連のこんなプラカードがあった。「米づくりの時給はたった179円」。雇われている人だけでなく、農業・漁業や自営業者も厳しいという現実を打開するためには、やはりプレカリアートが繋がるしかないのだ。
反貧困フェスタ2009を終えて                              
反貧困ネットワーク事務局長 湯浅誠
 個人的には「派遣村」のばたばたが続く中での2度目のフェスタとなりました。そのため、多くの人たちに去年以上の負担をおかけしてしまったと思います。広報も去年にも増して不十分でしたが、当日は昨年を上回る1700名の方が参加してくれました。深く感謝します。
 今、多くの人が「日本社会はこのままではいけない。未来を考えなければいけない」という気持ちになっていると思います。私たちの活動は、「貧困」という問題からそのことに素材を提供すること、一緒に考えるよう呼びかけること、そして考え・行動することがムダではないのだと言い続けることだと思っています。
 メインシンポ「いま”はたらく”が危ない」で明らかになったように、課題は多く、気が遠くなるほどです。しかし、だからこそ多くの場面でたくさんの人たちが声をあげていかなければ、「このままではいけない」という気持ちを形にすることができません。今年は選挙の年。しかし、私たち市民が影響力を行使できるのは選挙だけではありません。選挙の前も後も、有権者として、市民として、もっと健全な社会を作っていくために働きかけ続けていきたいと思うし、呼びかけ続けていきたいと思います。(4月15日)
反貧困フェスタ2009 賛同団体一覧(2009年3月25日現在)

あうん/明石書店/明石書店労働組合/あけび書房/あなすたーしゃ/岩波書店/エヌ・シー・エル/太田出版/大月書店/カウンセリングルームPusique/花伝社/神奈川県労働組合共闘会議/カラカサン/協同センター・労働情報/「月桃の花」歌舞団/現代書館/高金利引き下げ全国連絡会/合同出版/国鉄闘争共闘会議/国民の住まいを守る全国連絡会/サポートハウスじょむ/山谷労働者福祉会館/GCAP Japan/「死刑に異議あり!」キャンペーン/週刊金曜日/出版情報関連ユニオン/出版労連(日本出版労働組合連合会)/首都圏移住労働者ユニオン/首都圏生活保護支援法律家ネットワーク/首都圏青年ユニオン/首都圏なかまユニオン/旬報社/障害をこえてつながる生活保護ネットワーク/女性と貧困ネットワーク/女性ユニオン東京/自立生活サポートセンター・もやい/しんぐるまざあず・ふぉーらむ/新日本出版社/新聞奨学生SOSネットワーク/隅田川医療相談会/生活保護懇談会/生活保護問題対策全国会議/全国一般東京東部労働組合/全国一般労働組合東京南部(なんぶ)/全国一般労働組合全国協議会/全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会/全国クレジット・サラ金問題対策協議会/全国公的扶助研究会/全国借地借家人組合連合会/全国進路指導研究会/全国青年司法書士協議会/全国ヤミ金融対策会議/全日本教職員組合/全労協(全国労働組合連絡協議会)/全労連(全国労働組合総連合)/太郎次郎社エディタス/男女平等をすすめる教育全国ネットワーク/地球の子ども新聞/中央労福協(労働者福祉中央協議会)/賃金と社会保障/DPI日本会議/鉄建公団訴訟原告団/東京教組女性部/東京公務公共一般労働組合/東京精神医療人権センター/東京都地域精神医療業務研究会/東京労働安全衛生センター/同時代社/なかまユニオン小松病院分会/永山子ども基金/「なくそう!官製ワーキングプア」実行委員会/七つ森書館/日本マスコミ文化情報労働会議/日本労働弁護団/沼津エスペラント会/農民運動全国連合会/派遣ユニオン/働く女性の全国センター(ACW2)/パルシステム関連労組協議会/パルシステム東京/パルシステム連合会/反貧困たすけあいネットワーク/フードバンク/ふぇみん婦人民主クラブ/フリーター全般労働組合/ホームレス総合相談ネットワーク/POSSE/緑フォーラム/みんなカフェ/「持たざる者」の国際連帯行動/山吹書店/友好堂田中書店/夜明けの会/洋泉社/Labor Now/レイバーネット日本/連合(日本労働組合総連合会)/労働大学労働組合