反貧困ネットワーク

反貧困世直し大集会2011
震災があぶりだした貧困
TOP
世直し大集会2011|
カラーチラシ[PDF] おもてうら
白黒チラシ[PDF] おもてうら

反貧困世直し大集会2011 震災があぶりだした貧困
 地震・津波・原発の複合災害は、たくさんの人たちを新たな生活苦に突き落としました。他方、避難所から出るに出られない状態で留まる人たちの中には、もともと生活の苦しかった人たちが少なくありません。災害は万人に等しく降りかかります。しかしそのダメージには格差があります。“溜め”のない人たちはより深刻なダメージを受けざるを得ず、それは東日本大震災前の生活状態を引き継いでいます。
 震災は、貧困を新たに「作りだす」と同時に、もともとあった貧困を「あぶり出す」。私たちは今回、あえて後者の側面に着目して恒例の10月集会を行いたいと思います。たくさんの方たちのご参加をお待ちしています。

日時:2011年10月16日(日)10:00−16:30

場所:法政大学市ヶ谷キャンパス 外濠(そとぼり)校舎
    全体会…薩[土へんに垂](さった)ホール(6階)
    分科会…4階〜6階の各教室

    アクセス:JR「市ヶ谷」駅徒歩10分、地下鉄「市ヶ谷」駅または「飯田橋」駅徒歩10分
    地図:http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campus/ichigaya/index.html#toc02

参加費:500円

情報保障:全体集会と一部分科会に手話通訳・要約筆記あり

*会場内では飲食ができません。当日、受付で近隣の飲食店マップをお配りしますので、昼食は各自でお済ませください。

主催:「反貧困世直し大集会2011」実行委員会

連絡先:
反貧困ネットワーク(代表:弁護士 宇都宮健児)
〒162-0814 東京都新宿区新小川町7-7 NKBアゼリアビル202
Tel: 03-6431-0390 Fax:03-5579-8540
Mail: office@antipoverty-network.org 
プログラム

10:00 開会
10:00〜12:00 全体会1:リレートーク「被災者・被災地から」

 農家・漁師・失業者・障害者・生活保護受給者・県外避難者・高校中退者・・・、被災地から、または被災者として、震災が「あぶり出した」貧困の実相について語っていただきます。

12:00〜12:45 昼休み

12:45〜14:45 分科会

 労働、住まい、女性、保育、アディクション・・・、各種団体が多様な切り口から現代社会の課題を浮かび上がらせます。関心あるテーマをじっくり考えるもよし、さまざまなテーマをショッピングするもよし。

雇用…シンポ「震災だからこそ ”まともな雇用”を日本標準に」(6F薩?ホール)

原発労働…貧困と原発労働を考える/書籍販売コーナー(405号室)

教育…「お金がなくても学校行きたい」に応える社会へ(406号室)

対談…原発震災 〜怒り、不安、悲しみのなかで生き抜くために〜
  雨宮処凛(作家・『週刊金曜日』編集委員)×森川すいめい(精神科医・NPO法人TENOHASHI代表)(407号室)

住まい…被災地での住宅・住居支援(505号室)

多文化…反貧困に民族の視点を!(401号室)

官製ワーキングプア…なくそう!官製ワーキングプア(402号室)

わかちあい…心の痛み・体のつらさ・アディクション・生活の苦しさ〜みんなで話そう・わかちあい〜(403号室)

女性…女性スペース(404号室)

女性非正規…廃案にさせない労働者派遣法改正!今こそ訴えたい、女性の非正規労働者問題!(502号室)

精神障害…精神障害者の排除・隔離拘禁を問う(503号室)

災害と女性…災害と女性達〜アジア、アフリカ、日本の現状から〜(601号室)

保育…どうなる?障がい児保育と新保育制度(応益負担)(602号室)

保育室/キッズスペース(603号室)

15:00〜16:30 全体会2:シンポジウム「生きるために必要なこと」

 いま私たちが考え、取り組むべきことは何か。参加者全員で考えていきたいと思います。

<パネリスト>
竹信 三恵子(和光大学教授、元朝日新聞)
宇都宮 健児(反貧困ネットワーク代表)
鈴木 浩(福島大学名誉教授、福島県復興ビジョン検討委員会座長)
中下 大樹(僧侶)

<コーディネーター>
湯浅 誠(反貧困ネットワーク事務局長)

16:30 閉会
110915 賛同団体募集、カンパ歓迎
集会の賛同団体を募集しています(無料)。
団体名、担当者名、電話番号、メールアドレスをお書き添えの上、office@antipoverty-network.org までお知らせください。
*団体名は公表しますが、それ以外の情報は公表しません。
*会場の都合により、今年はブース出展はありません。

カンパ歓迎。
郵便振替:00170‐5‐594755
加入者名:反貧困ネットワーク
*通信欄に「反貧困世直し大集会2011賛同カンパ」と明記してください。
110905 ボランティア募集
 イベントの運営をお手伝いしていただけるボランティアを募集しています。ボランティアが初めての方もそうでない方も、一人でもグループでも、どなたでも大歓迎!みんなで一緒にイベントを盛り上げてみませんか?

【ボランティアの役割】
会場設営、誘導、案内、受付など、事務局の指示のもと、集会実行委員や他のボランティアと協力しながら、イベント運営のお手伝いをしていただきます。

【参加方法】
★登録制の1日ボランティアです。氏名、メールアドレス、電話番号を明記の上、メールで事前にお申し込みください。
office@antipoverty-network.org

【その他】
★交通費の支給はありません。
★当日の昼食は各自でご用意ください。
★ボランティア登録をされた方は、賛同金・参加費が免除されます。
110825 反貧困世直し大集会2011実行委員会への参加のお誘い
 2011年10月16日(日)、法政大学市ヶ谷キャンパスにおいて、恒例の反貧困ネットワーク「反貧困世直し大集会2011」を開催いたします。

 当日は、当事者はもちろん、貧困問題に関心のある人、興味はあったがこれまで関わるきっかけがなかった人など、様々な人たちがつどい、楽しく有意義な一日を過ごすことのできるような、文化祭型のイベントを考えていますが、それも含めて、実行委員会内で議論・決定していきたいと思います。

 大震災によって貧困問題はメディア上では影を潜めた感がありますが、生活不安から仮設住宅への移転に躊躇し避難所に留まる人々の姿は、震災以前からの生活苦を示唆しており、震災によって新たな貧困が生じる側面とともに、震災によってすでにあった貧困が「あぶりだされる」ような面が見られると思います。反貧困ネットワークとして、その点に焦点をあわせたいと思い、今回、このようなタイトルに決定しました。

 例年とは違い、屋内の開催になりますが、例年同様、分科会会場も確保しています。毎年1000人を越える方たちが訪れるイベントですので、ぜひそれぞれの活動を広めるためにもご活用いただき、一緒に集会を盛り上げていただけるとうれしいです。

 大変お忙しいことと存じますが、多くの団体・個人の皆さまに、実行委員会へご参加いただきたくお願い申し上げます。

★「反貧困世直し大集会2011実行委員会」は運営資金として実行委員会参加団体・個人に以下のように賛同金をお願いしております、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
個人:1口1000円より
団体:1口3000円より

*カンパも大歓迎です。

【納入方法】
●振込
郵便振替:00170‐5‐594755
加入者名:反貧困ネットワーク
*通信欄に「反貧困世直し大集会2011賛同金」と明記してください。
●現金(実行委員会等での手渡し)

【納入締切日】
2011年9月30日(金)