埼玉県生態系保護協会富士見支部

TOP PAGE富士見の自然 活動内容スケジュール活動報告会員募集・お問合せリンク集

TOP PAGE
私たちは、郷土富士見市の自然を将来に残す活動をしているボランティア団体です。
自分たちが住む地域(まち)の自然や生きものに興味・関心を持ってもらうとともに、
子供たちがいきいきと輝く自然と伝統が共存した持続可能な地域づくりを目指します。

 ムナグロ オニヤンマ産卵 アユ

水谷田んぼ 田植え ふじみ子ども大学 魚取り びん沼自然公園 昆虫観察 柳瀬川 野鳥観察


新着NEWS
 2016/02/14 足環イカルチドリ発見     2013年4月23日に埼玉県東松山市の都幾川で捕獲した雛に足環を付けたイカルチドリがびん沼川上流(川越市)で確認されました。イカルチドリは渡りをすると聞いていますが、留鳥(漂鳥)もいるのですね。?
山階鳥類研究所が研究の為おこなっています。詳しくは山階鳥類研究所のHPをご覧ください。
尚、この写真及び情報は、知人からの情報を掲載させて頂きました。Tさんありがとうございます。
2015/07/12   ゴイサギ親子   ◆富士見市内の竹藪近隣で子育て中!!

ドジョウをゲットした親鳥
竹藪を歩く幼鳥
    
 2015/06/08  カルガモ親子、並んで行列    ◆山室排水路でカルガモの子育て

カルガモの雛10匹、生まれて数日のこと。水路のどこかに巣があったのでしょうか?やはりこの光景は、いつ見てもほのぼのします。住宅街を流れる水路にも、身近な自然があります。そっと見守ってあげたいと思います。
2014/12/07  石井緑地公園(通称:どんぐり山の環境整備) ◆石井緑地公園の環境整備

地元水谷第2町内会と公民館の呼び掛けの元、総勢25人が参加しました。落ち葉掃き、間伐伐採➡落葉溜め作成、クリスマスリース作りなど、充実した内容でした。
次回は2015/2/1です。皆様のご参加をお待ちいたします。

➡詳細は活動報告をご覧ください。
 2014/09/15 ボラが遡上するも富士見江川へは遡上できず!    ◆ボラの群れが富士見江川へ遡上できず。

新河岸川と富士見江川の合流部で、富士見江川への段差約1メートルを登れず、堰のたもとで悠然と泳いでいました。苔を食むような行動をとっていました。

 2014/08/14 自宅庭で昆虫の戦い  ◆ カマキリがアブラゼミを捕食中!!

両鎌でセミの両羽をしっかり押さえて、頭をかじっていました。セミは何とか逃げようとして羽をバタバタさせて抵抗していましたが、カマキリの押さえる力が上まっていました。セミは弱弱しくジージーと鳴いていましたが、その後、・・・・・・。

自然界の食物連鎖はすさまじいです。!
 2014/03/19 埼玉県生物多様性保全活動登録団体に登録しました。  該当ホームページへ
埼玉県生物多様性保全活動登録団体を紹介します。
活動の発信の場、情報交換の場としてご活用ください。
埼玉県自然環境課 野生生物担当
2014/03/01 会報誌に「富士見市お国自慢」が掲載されました。  詳しくはこちら ◆埼玉県生態系保護協会会報誌「ナチュラルアイ」2月号に、富士見市お国自慢が掲載されました。自然や公園を中心に市内12か所をピックアップしました。
2014/02/11 2014/02/10
びん沼自然公園の葦原の草刈り要望に対する回答書がきました。
回答書へ   ◆川越県土整備事務所からの回答です。
毎年の草刈りを要望していますが、5年に一度との回答です。生態系的な観察を続けて、早める要望を出す必要があれば対応していきたいと思います。
2014/02/01 2014/01/31
富士見市長から要望書の返事がきました。
回答書へ➡  ◆残念ながらあっさりとした回答でした。水谷田んぼについては継続して調査活動と生物保全活動を続けていきたいと思います。
 2014/01/18 2014/01/14
富士見市長に要望書を提出しました。
要望書へ➡  ◆『富士見リブレーヌ地区開発に際する絶滅危惧種生物の保全について』 
通称水谷田んぼには多くの生きものが棲んでいます。貴重な生きものを開発から守るための要望書です。
 2014/01/18 2014/01/12
ガン・カモ調査活動報告 
柳瀬川 野鳥観察 ◆びん沼放水路と砂川掘を調査しました。

全体数は、びん沼放水路は例年同様、砂川掘は半減しました。来年も継続して動向を見ていきたいと思います。

詳しくは活動報告ページにてご確認ください。
 
 2013/12/28 2013/12/06
川越県土整備事務所に要望書を提出しました。 
 要望書へ➡ ◆びん沼自然公園の葦原の草刈り要望
昨年は4年はぶりに実施されましたが、毎年実施するように要望しました。葦原は葦原を維持することが、葦原を棲みかとしている生き物や生態系を維持することになります。

過去の新着NEWS

本部のご紹介 公益財団法人埼玉県生態系保護協会  ホームページ  GO

 (公財)埼玉県生態系保護協会 わたしたちは、豊かな自然に恵まれ、そして子どもたちがいきいきと輝く地域(まち)をつくるために、地域の人々に支えられて活動している環境NGOです。1978年に発足して以来、今を生きる私たちのために、そして未来を担う子どもたちに豊かな自然を手渡すために、まちづくりや調査・研究、環境教育などのさまざまな活動を進めています。。 

更新記録

「 2014 埼玉県生態系保護協会富士見支部 All Rights Reserved.」

富士見の自然

活動内容

スケジュール

活動報告

お問合せ・会員募集

リンク集