大道芸


江戸の大道芸人 −庶民社会の共生

 つくばね舎より、新刊「江戸の大道芸人 −庶民社会の共生」が発売になりました。ぜひお手にとっていただければ幸いです。
 また、本書より選りすぐった一節をまるまる掲載致しましたので、お時間のある方はお立ち読みを。
 ありがたいことに書評までいただきました。
 もし続きが気になったら、投げ銭代わりにご購入いただければ幸いです。



前口上。 今大道芸の世界では南蛮お手玉や形態模写など、洋物ばかりがはびこっている。これに対し私たちが行っているのは、古来から伝わる二本の大道芸である。前者が芸を見せて投げ銭を得るのに対し、後者は芸では銭をとらず、終わったあとで何らかの商品(薬・お札・バナナなど)を売って生業としてきた。ところが近年になって、薬事法や道路交通法が出来、芸(商売)を禁じられ、姿を消してしまった。このような大道芸を発掘し、把握・伝承・復活させようというのが私たち「日本の大道芸・大道芸の会」である。皆さんの理解と積極的な参加を希望します。 匆々

@大道芸の記録と創造(大道芸通信等)
A大道芸伝承者の養成(講習会予定)
B復活再生(町おこしイベントなどへの出演)
Cその他大道芸の探求、紹介、etc. 2009.10.11 Update
D掲示板. 何でも書き込んでくださいね.
Eお世話になっている方々へのリンク集です.
F光田憲雄のブログです。主に大道芸通信の内容等を掲載しています。

連絡先
 光田憲雄 : daidogei @ kib.biglobe.ne.jp
 (SPAMよけのため@の前後に半角スペースを挿入しています。お手数ですが削除してご使用ください。)
(C)日本大道芸・大道芸の会, 2000-
 当ページで使用している、画像・文書等の著作権は「日本大道芸・大道芸の会」にあります。
 無断引用・転載等は絶対にしないでください。
You are